ネットワークの一般的なトラブルシューティング

MACアドレスを検出する

ほとんどのネットワーク機器は、ネットワーク上のその他のデバイスと識別するために固有のハードウェアID番号を持っています。これはMAC(Media Access Control)アドレスと呼ばれています。

ネットワークで本機をインストールする場合、本機に正しいMACアドレスが選択されていることを確認します。

本機に出荷時にインストールされた内蔵プリントサーバーがある場合、MACアドレスは本機に付属しているMACアドレスシートにある文字と数字の列になります。

MACアドレスは次のような形式で表されます。

00:04:12:34:56:78

メモ: MACアドレスの場所が分からない場合は、「ネットワーク設定ページ」を印刷してください。「ネットワーク設定ページ」のUAAフィールドにあります。「ネットワーク設定ページ」の印刷のしかたについて詳しくは、本機に付属の 『Drivers and Documentation CD』『ユーザーズガイド』 を参照してください。

メモ:

本機とコンピューターが別のネットワーク上にある

トラブルシューティングの前に、以下を確認してください。

以下の方法をいくつか試してください。

コンピューターがイーサーネット接続を使用しているかどうか確認する

コンピューターがイーサーネット接続を使用してネットワークに接続されている場合、以下を実行します。

詳しくは、システム管理者に問合わせてください。

コンピューターと本機を同じネットワークに接続する

本機がコンピューターと同じネットワーク上にない可能性があります。

本機とコンピューターが両方ともワイヤレスで接続されている場合、本機のSSID(ネットワーク名)がコンピューターで指定しているSSIDと同じである必要があります。

  1. 以下のようにして、コンピューターが接続されているワイヤレスネットワークのSSIDまたは名前を確認します。

    1. Webブラウザーを起動し、アクセスポイントのIPアドレスをWebブラウザーのアドレスフィールドに入力します。

      アクセスポイントのIPアドレスがわからない場合は、以下の手順に従います。

      1. [コマンドプロンプト]を開きます。

        • Windows 8の場合

          [検索] チャームの [アプリ] から [コマンドプロンプト] を選択します。

        • Windows 7以前の場合

          the Start button または [スタート] をクリックして、次の順に選択します。

          [すべてのプログラム] (または[プログラム]) > [アクセサリ] > [コマンドプロンプト] をクリック

      2. 「ipconfig」と入力し、Enterキーを押します。

        • 通常、[デフォルト ゲートウェイ] のエントリーがアクセスポイントを示します。念のため、このエントリーがipconfig情報の [ワイヤレスネットワーク接続] セクションにあることを確認してください。

        • IPアドレスは、123.123.123.123のようなピリオドで区切られた4つの数字の並びで表されます。

        メモ:  IPアドレスが0.0.0.0と表示される場合はシステム管理者に問合わせてください。
    2. プロンプトが表示されたら、お使いのアクセスポイントのユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

    3. [ワイヤレス] 設定セクションで、SSIDを探します。

    4. SSIDをメモします。

      メモ: 大文字と小文字を区別して、正確にメモしてください。
  2. 本機が接続されているネットワークのSSIDを確認します。

    1. 「ネットワーク設定ページ」を印刷します。

      詳しくは、 『ユーザーズガイド』 を参照してください。

    2. 「ワイヤレス」セクションで、「SSID」を探します。

  3. コンピューターのSSIDと本機のSSIDを比較します。

    SSIDが同じであれば、コンピューターと本機は同じワイヤレスネットワークに接続されています。

    SSIDが同じでない場合は、以下の方法のいずれかを試してください。

    コンピューターが接続されているワイヤレスネットワークに本機を接続する
    メモ: コンピューターが接続されているワイヤレスネットワークのSSIDを確認します。

    本機の操作パネルから、ワイヤレス接続用に設定します。詳しくは、『ユーザーズガイド』 を参照してください

    本機が接続されているワイヤレスネットワークにコンピューターを接続する
    1. 以下の操作を実行します。

      Windows 8の場合
      1. [検索] チャームの [アプリ] から [コントロールパネル] を選択します。

      2. 次の順に選択します。

        [コントロール パネル] > [ネットワークとインターネット] > [ネットワークに接続]

      3. 本機が接続されているワイヤレスネットワークのSSIDを選択し、[接続] をクリックします。

        [自動的に接続する] チェックボックスを選択することで、接続を保存することができます。

      4. メモ: 本機が接続されているワイヤレスネットワークのSSIDを選択します。
      Windows Vista および Windows 7 の場合
      1. the start button または [スタート] をクリックして [コントロールパネル] を選択します。

      2. 次の順に選択します。

        [コントロール パネル] > [ネットワークとインターネット] > [ネットワークと共有センター] > [ネットワークに接続]

      3. 本機が接続されているワイヤレスネットワークのSSIDを選択します。

        Windows 7をお使いの場合は、[自動的に接続する] チェックボックスを選択することで、接続を保存することができます。

      4. メモ: 本機が接続されているワイヤレスネットワークのSSIDを選択します。
    2. [セキュリティキーまたはパスフレーズ] または [セキュリティキー] テキストボックスに、アクセスポイントのWEPキーまたはWPA/WPA2事前共有キー/パスフレーズを入力します。

    3. [接続] または [OK] をクリックします。

    4. 必要に応じて、 [閉じる] をクリックします。

      メモ:

      • 接続を保存して、コンピューターが自動的にネットワークに接続するように設定することができます。
      • 接続が保存されている場合のみ、コンピューターは自動的に接続できます。
      Windows XPの場合
      1. [スタート] > [コントロール パネル] > [ネットワークとインターネット接続] > [ネットワーク接続] の順にクリックします。

      2. ワイヤレスネットワーク接続のアイコンを右クリックします。

      3. ポップアップメニューに [有効にする] が表示されている場合は、これをクリックします。

        メモ: [無効にする] が表示されている場合、ワイヤレス接続はすでに有効です。
      4. ワイヤレスネットワーク接続のアイコンを右クリックします。

      5. [利用できるワイヤレスネットワークの表示] をクリックします。

      6. 本機が接続されているワイヤレスネットワークのSSIDを選択し、 [接続] をクリックします。

      7. [ネットワークキー] および [ネットワークキーの確認入力] テキストボックスに、アクセスポイントのWEPキーまたはWPA/WPA2事前共有キー/パスフレーズを入力します。

      8. [接続] をクリックします。

コンピューターのファイアーウォールが本機との通信を遮断している

ファイアーウォール設定によって、本機がコンピューターに接続できていない場合があります。

コンピューターにファイアーウォールがインストールされている場合、以下のいずれかを実行します。

ファイアーウォールをオフにしたり、更新する方法については、オペレーティングシステムのヘルプページを参照してください。

仮想プライベートネットワークへの接続時に失われた本機との通信

ほとんどのVPN(仮想プライベートネットワーク)への接続時、ローカルネットワーク上のワイヤレス本機への接続は失われます。

ほとんどの仮想プライベートネットワークでは、コンピューターはVPNとのみ通信でき、他のネットワークと同時に通信することはできません。コンピューターにドライバーをインストールする前、またはコンピューターでワイヤレスセットアップを実行する前に、VPNからの接続を解除します。

コンピューターが現在VPNに接続されているかどうかを確認するには、VPNクライアントソフトウェアを開き、次にVPN接続を確認します。VPNクライアントソフトウェアをインストールしていない場合は、Windows VPNクライアントを使って手動で接続を確かめます。

ローカルネットワークとVPNへの接続を同時に行う場合は、VPNのシステム管理者にスプリットトンネリングの有効化を要求してください。セキュリティ上または技術上の理由により、一部の組織ではスプリットトンネリングが許可されないのでご注意ください。

VPNだけに接続する場合、VPNセッションを終了するまで、印刷対象ドキュメントは印刷されません。VPNへの接続中に印刷を続行するには、本機をUSBケーブルでコンピューターに接続します。詳しくは、『ユーザーズガイド』 を参照してください。