ホーム機能 / 設定キーの説明簡易認証設定

簡易認証設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ユーザー認証/部門管理]
        • [簡易認証設定]

ユーザー認証を導入している場合に、プリンタードライバーを使って印刷するとき、ユーザー名だけの認証(パスワードなし)を許可するかどうかを選びます。外部サーバー認証を導入している場合は、簡易認証に利用する認証サーバーを登録します。

設定

説明

[認証設定]

ユーザー認証を導入している場合に、プリンタードライバーを使って印刷するとき、ユーザー名だけの認証(パスワードなし)を許可するかどうかを選びます。

簡易認証を許可する場合、本体装置認証、外部サーバー認証、拡張サーバー認証での本機へのログインユーザー名は、WindowsのログインIDと一致している必要があります。

初期値は[禁止]です。

[認証サーバー登録]

外部サーバー認証を導入している場合は、ユーザー名を確認するためのLDAPサーバーを登録します。

2つのサーバーをグループにすることで、サーバーがダウンしたときに、もう一方のサーバーに切換えて認証を行うことができます。

設定内容について詳しくは、下記の「認証サーバーの新規登録/編集」をごらんください。

認証サーバーの新規登録/編集

設定

説明

[サーバー名称]

お使いの認証サーバーの名前を入力します(半角32文字以内)。

登録する認証サーバーに、わかりやすい名前をつけます。

[第1サーバー登録]

サーバーグループの第1サーバーを登録します。

設定内容について詳しくは、下記の[第1サーバー登録]の設定内容をごらんください。

[第2サーバー設定]

第1サーバーに接続できないときに第2サーバーへ接続するための設定をします。

設定内容について詳しくは、下記の[第2サーバー設定]の設定内容をごらんください。

[ラウンドロビン機能]

第1サーバーと第2サーバーへ交互に接続するかどうかを選びます。

[有効]を選ぶと、第1サーバーと第2サーバーに交互に接続することで、サーバーの負荷を分散することができます。

初期値は[無効]です。

[外部認証サーバー]

簡易認証を連携させる外部認証サーバーを選びます。

簡易認証が成功すると、本機でユーザーを管理するために、ユーザーの認証情報が本機に登録されます。この認証情報には、ユーザー名と外部認証サーバー名が含まれます。ここで選択した外部認証サーバー名が、ユーザー名と合わせて本機に登録されます。

[第1サーバー登録]の設定内容

設定

説明

[タイムアウト時間]

必要に応じて、LDAPサーバーとの通信のタイムアウト時間を変更します。

初期値は[60秒]です。

[検索属性]

LDAPサーバーでユーザーの検索をするときに使う、検索属性を入力します(半角64文字以内)。

属性値は、半角英字で始める必要があります。

初期値は[uid]です。

[検索ディレクトリサービス]

ユーザーを検索するディレクトリサービスの種類を選びます。

Windows Server 2008以降のサーバーでActive Directoryを使用する場合は、[Active Directory]を選びます。

初期値は[その他]です。

[サーバーアドレス]

LDAPサーバーのアドレスを入力します。

次のいずれかのフォーマットで入力します。

  • ホスト名の入力例:「host.example.com」

  • IPアドレス(IPv4)の入力例:「192.168.1.1」

  • IPアドレス(IPv6)の入力例:「fe80::220:6bff:fe10:2f16」

[検索ベース1]~[検索ベース3]

認証するユーザーを検索するときの、検索の起点を指定します。

  • [検索ベース]:検索の起点を指定します(半角255文字以内)。
    入力例:「cn=users,dc=example,dc=com」

  • [検索範囲]:ツリーの検索範囲を選びます。初期値は[ツリー全体]です。
    [ツリー全体]を選ぶと、入力した起点から下のツリー構造も含めて検索します。[直下1階層のみ]を選ぶと、入力した起点の直下の1階層のみを検索します。この場合、起点の階層自体は検索対象に含まれません。

[SSL使用設定]

LDAPサーバーとの通信にSSLを使うかどうかを選びます。

初期値は[使用しない]です。

[ポート番号]

必要に応じて、LDAPサーバーのポート番号を変更します。

通常はそのままお使いいただけます。

初期値は[389]です。

[ポート番号(SSL)]

必要に応じて、SSL通信用のポート番号を変更します。

通常はそのままお使いいただけます。

初期値は[636]です。

[証明書検証強度設定]

SSLで通信するときに証明書の検証を行う場合は、検証する項目を選びます。

  • [有効期限]:証明書が有効期限内かどうかを確認します。初期値は[確認する]です。

  • [鍵使用法]:証明書の発行者が承認した使用用途に沿って、証明書が使われているかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。

  • [チェーン]:証明書のチェーン(証明書のパス)に問題がないかどうかを確認します。チェーンの確認は、本機で管理している外部証明書を参照して行います。初期値は[確認しない]です。

  • [失効確認]:証明書が失効していないかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。

  • [CN]:証明書のCN(Common Name)が、サーバーのアドレスと一致しているかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。

[認証形式]

LDAPサーバーへログインするときの、認証方式を選びます。

お使いのLDAPサーバーで採用している認証方式に合わせて選びます。

  • [Simple]

  • [Digest-MD5]

  • [GSS-SPNEGO]

  • [NTLM v1]

  • [NTLM v2]

初期値は[Simple]です。

[referral設定]

必要に応じて、referral機能を使うかどうかを選びます。

LDAPサーバーの環境に応じて設定してください。

初期値は[使用する]です。

[ログイン名]

LDAPサーバーへログインして、ユーザーの検索が行えるログイン名を入力します(全角/半角64文字以内)。

[パスワード]

[ログイン名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します(半角64文字以内)。

[ドメイン名]

LDAPサーバーへログインするためのドメイン名を入力します(半角64文字以内)。

[認証形式]で[GSS-SPNEGO]を選んだ場合は、Active Directoryのドメイン名を入力します。

[接続確認]

入力した内容でLDAPサーバーへの接続を試行して、登録内容が正しいかどうかを確認します。

[設定全リセット]

入力した内容を、すべてリセットします。

[第2サーバー設定]の設定内容

設定

説明

[使用する]/[使用しない]

第2サーバーを使うかどうかを選びます。

初期値は[使用しない]です。

[再接続設定]

第1サーバーに接続できないときに第2サーバーへ接続するための設定をします。

  • [ログイン毎に接続]:本機での認証時に毎回、第1サーバーへ接続します。第1サーバーがダウンしている場合は、第2サーバーへ接続します。

  • [指定時間毎に接続]:本機での認証時に第1サーバーがダウンしている場合、第2サーバーへ接続します。以後、[再接続時間]で設定した時間を経過するまでの間、本機での認証時に第2サーバーへ接続します。[再接続時間]で設定した時間を経過した後は、本機での認証時に再度、第1サーバーへ接続します。

初期値は[指定時間毎に接続]です。

[第2サーバー登録]

第2サーバーを登録します。

設定内容について詳しくは、[第1サーバー登録]の設定内容をごらんください。

第1サーバーの設定を引用して第2サーバーの設定を行うには、[第1サーバーから引用]をタップします。

  • 登録した認証サーバーの情報を変更するときは、登録番号を選び、[編集]をタップします。

  • 登録した認証サーバーを削除するときは、登録番号を選び、[削除]をタップします。