ホームアクセシビリティーコピーする

コピーする

コピーする(基本的な操作の流れ)

拡大表示での基本的なコピーのしかたを説明します。

  1. 原稿をセットします。

  2. [コピー]をタップします。

  3. 拡大表示(初期値:登録キー1)を押します。

  4. 必要に応じて、コピーの各種設定をします。

    • コピーしたときの仕上りの設定をしたい場合は、こちらをごらんください。

    • コピーする原稿の設定をしたい場合は、こちらをごらんください。

    • 各種設定をやり直したいときは、リセットを押します。

  5. 必要に応じて、テンキーで部数を入力します。

    • テンキーは、部数をタップすると表示されます。

    • 10キー呼び出し(初期値:登録キー3)を押すとタッチパネルテンキーを表示して入力できます。

    • 部数の入力をやり直したいときは、[クリア]をタップします。

  6. スタートを押します。

    原稿が読込まれ、コピーが開始されます。

    • 原稿の読込み中や印刷中にストップを押すと、処理を停止し、停止中のジョブの一覧を表示します。操作を中止したいときは、一覧から停止中のジョブを削除します。

    • 印刷中に、[コピー予約できます。]と表示されたら、次の原稿を読込むことができます。

  • 必要に応じて、拡大表示の初期値の変更や設定などができます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • タッチパネルの初期表示を、拡大表示にするかどうかを選べます(初期値:[しない])。詳しくは、こちらをごらんください。

1部だけお試しコピーする(確認コピー)

先に1部だけコピーして仕上りを確認してからコピーできます。

大量の部数をコピーするときは、確認コピー機能を使うことで、大量のミスコピーを未然に防ぐことができます。

  1. 原稿をセットします。

  2. [コピー]をタップします。

  3. 拡大表示(初期値:登録キー1)を押します。

  4. 必要に応じて、コピーの各種設定をします。

    • コピーしたときの仕上りの設定をしたい場合は、こちらをごらんください。

    • コピーする原稿の設定をしたい場合は、こちらをごらんください。

    • 各種設定をやり直したいときは、リセットを押します。

  5. テンキーで部数を入力し、[OK]をタップします。

    • テンキーは、部数をタップすると表示されます。

    • 10キー呼び出し(初期値:登録キー3)を押すとタッチパネルテンキーを表示して入力できます。

    • 部数の入力をやり直したいときは、[クリア]をタップします。

  6. [確認]をタップするか、またはプレビュー(初期値:登録キー4)を押します。

    • ADFに原稿をセットした場合は、1部コピーされます。手順10に進みます。

    • 原稿ガラスに原稿をセットした場合は、手順7に進みます。

  7. 次の原稿をセットし、スタートを押します。

  8. すべての原稿を読込み終えたら、[読込み終了]をタップします。

  9. スタートを押します。

    1部だけコピーが開始されます。

  10. コピー結果を確認します。

    • コピーの各種設定や、部数の入力をやり直したいときは、ストップを押します。

    • 操作を中止したいときは、リセットを押して設定を解除します。

  11. 残りの部数のコピーを開始する場合は、[印刷実行]をタップします。

    残りの部数のコピーが開始されます。