ホームWeb設定ツールコピープロテクトデータを管理する

コピープロテクトデータを管理する

コピープロテクトは、すべてのページに「コピー」「社外秘」などの文字を、目立たない文字として印字する機能です。

データ管理ユーティリティーを使って、コピープロテクトデータを登録/編集できます。コピープロテクトデータは、8個まで管理できます。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。

  1. Web Connectionのログイン画面で、[コピープロテクトデータの管理]を起動します。

    本機に登録されているコピープロテクトデータの一覧が表示されます。

  2. コピープロテクトデータを登録/編集する場合は、[編集]をクリックします。

    • [削除]をクリックすると、登録されているコピープロテクトデータを削除します。[装置に書込み]をクリックして本機に書込むまでは、コピープロテクトデータは削除されません。

  3. コピープロテクトデータを登録/編集し、[OK]をクリックします。

    • プレビューで結果を確認しながら編集できます。

    設定

    説明

    [コピープロテクト名]

    コピープロテクトの名前を入力します(半角16文字/全角8文字以内)。

    [コピープロテクト文字列]

    印字する文字を入力します(半角32文字/全角16文字以内)。

    [フォント名]

    印字する文字の、フォントの種類を選びます。

    [フォントサイズ]

    印字する文字のサイズを選びます。

    [ボールド]

    印字する文字をボールド(太字)で表示するときは、チェックをつけます。

    [イタリック]

    印字する文字をイタリック(斜体)で表示するときは、チェックをつけます。

    [回転角度]

    印字する文字の回転角度を指定します。1度刻みで調整できます。

  4. [装置に書込み]をクリックします。

    • [元に戻す]をクリックすると、編集前の状態に戻ります。

    登録/編集したコピープロテクトデータを本機に書込みます。

[システム]をクリックすると、システムメニューを表示します。システムメニューでは、次のことができます。

  • [オートプロテクト設定]:操作しないまま一定時間経過したときに、コンピューターの画面をロックします。画面をロックするまでの時間を変更できます。

  • [エクスポート]:本機に登録されているデータを、ファイルとしてコンピューターに保存します。

  • [インポート]:ファイルに保存されたデータを本機に書込みます。

  • [終了]:ユーティリティーを終了します。