ホームWeb設定ツール拡張機能を有効化する

拡張機能を有効化する

機能コードとライセンスコードで有効化する

ライセンス管理サーバー(LMS、License Management Server)から取得した機能コードとライセンスコードを本機に登録して、拡張機能を有効化します。

管理者モードの[メンテナンス]-[ライセンス管理設定]-[機能有効化]で、機能コードとライセンスコードを入力し、[OK]をクリックします。

  • この機能を使うには、オプションの拡張メモリーが必要です。

トークン番号で有効化する

インターネット上のライセンス管理サーバー(LMS、License Management Server)でのライセンス登録から、本機での拡張機能有効化までを、自動で行います。

トークン証書に記載されているトークン番号を本機に入力して、LMSから拡張機能の有効化に必要な情報を取得するため、本機がインターネットに接続できる必要があります。

管理者モードの[メンテナンス]-[ライセンス管理設定]-[機能有効化]で、トークン番号を入力し、[OK]をクリックします。

  • この機能を使うには、オプションの拡張メモリーが必要です。