ホームPC-FAX 基本設定タブでできること

[基本設定]タブでできること

[基本設定]タブでは、原稿の向きや用紙サイズの設定ができます。本機でユーザー認証部門管理を導入している場合は、認証情報を設定します。

設定

説明

[原稿の向き]

アプリケーションソフトウェアで作った原稿の向きを指定します。

ファクスドライバーを開いたときに、アプリケーションソフトウェアで設定した内容と異なる場合に合わせてください。

[原稿サイズ]

アプリケーションソフトウェアで作った原稿のサイズを選びます。

ファクスドライバーを開いたときに、アプリケーションソフトウェアで設定した内容と異なる場合に合わせてください。

不定形サイズの原稿の場合は、[不定形サイズ]を選び、幅と長さを指定します。

[用紙サイズ]

送信するファクスの用紙サイズを選びます。

原稿サイズと異なる場合で、[ズーム]が[自動]に設定されているときは、選んだ用紙サイズに合わせて拡大または縮小されます。

不定形サイズで送信する場合は、[不定形サイズ]を選び、幅と長さを指定します。

[ズーム]

送信画像の拡大縮小のしかたを選びます。

  • [自動]:[用紙サイズ]で指定したサイズの用紙に合わせて拡大または縮小します。

  • [任意]:指定した倍率で拡大または縮小します(25-400%)。

[ユーザー認証/部門管理設定...]

ユーザー認証や部門管理を導入している場合に、ユーザー名または部門名とパスワードを入力します。詳しくは、こちらをごらんください。

  • サーバープロパティ用紙に登録した大判用紙サイズも、[用紙サイズ]で指定された用紙サイズに合わせて縮小されます。サーバープロパティ用紙は、[初期設定]タブで[サーバープロパティ用紙を使用する]にチェックをつけた場合に選べます。

  • 受信側のファクス機の仕様によっては、送信する原稿サイズの用紙に印刷されず、A4などの定形サイズの用紙に縮小されることがあります。