ホームプリントIPP/IPPS接続でインストールする

IPP/IPPS接続でインストールする

お使いになるために必要な作業(管理者向け)

IPP/IPPSの使用環境を設定します。

設定のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。

Windows 8/8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2をお使いの場合

  • この作業を行うには、コンピューターの管理者権限が必要です。

  1. プリンタードライバーのCD-ROMをコンピューターのCD-ROMドライブに入れます。

  2. プリンターのウィンドウを表示します。

    • Windows 8/8.1/10の場合は、[Windows]()キーを押しながら[X]キーを押し、表示されたメニューから[コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]-[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。

    • Windows Server 2012/Server 2012 R2の場合は、[Windows]()キーを押しながら[X]キーを押し、表示されたメニューから[コントロール パネル]-[ハードウェア]-[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。

  3. プリンターの追加を選びます。

    [プリンターの追加]ウィザードが表示されます。

  4. プリンターが検出された画面で、[探しているプリンターはこの一覧にはありません]をクリックします。

  5. [共有プリンターを名前で選択する]に、次の形式で本機のURLを入力し、[次へ]をクリックします。

    • http://<本機のIPアドレス>/ipp
      入力例:http://192.168.1.20/ipp

    • IPPS印刷に設定するときは「https://[ホスト名].[ドメイン名]/ipp」を入力します。
      [ホスト名].[ドメイン名]には、お使いのDNSサーバーに登録されているものを指定してください。

    • 本機の証明書が証明機関により発行されたものでない場合は、本機の証明書を、Windows 8/8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2でコンピューターアカウント用の信頼されたルート証明機関の証明書として登録しておく必要があります。

    • 本機に証明書を登録するとき、[ホスト名].[ドメイン名]が証明書のコモンネームに表示されていることを確認してください。

  6. [ディスク使用...]をクリックします。

  7. [参照...]をクリックします。

  8. CD-ROM内の目的のプリンタードライバーが入っているフォルダーを指定し、[開く]をクリックします。

    • 指定するフォルダーは、使用するプリンタードライバー、OS、言語に応じて選んでください。
      選択できるプリンタードライバー:PCLドライバー、PSドライバー、XPSドライバー

  9. [OK]をクリックします。

    [プリンター]リストが表示されます。

  10. [次へ]をクリックします。

  11. 画面の指示に従って操作します。

    • [ユーザー アカウント制御]に関する画面が表示された場合は、[続行]または[はい]をクリックします。

  12. [完了]をクリックします。

  13. インストール終了後、インストールしたプリンターアイコンが[デバイスとプリンター]ウィンドウに表示されていることを確認します。

  14. CD-ROMをCD-ROMドライブから取出します。

    以上で、プリンタードライバーのインストールの完了です。

Windows Vista/7/Server 2008/Server 2008 R2をお使いの場合

  • この作業を行うには、コンピューターの管理者権限が必要です。

  1. プリンタードライバーのCD-ROMをコンピューターのCD-ROMドライブに入れます。

  2. プリンターのウィンドウを表示します。

    • Windows 7/Server 2008 R2の場合は、スタートメニューから[デバイスとプリンター]をクリックします。
      [デバイスとプリンター]が表示されていない場合は、[コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]の[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。[コントロール パネル]がアイコン表示になっている場合は、[デバイスとプリンター]をダブルクリックします。

    • Windows Vista/Server 2008の場合は、スタートメニューから[コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]の[プリンタ]をクリックします。[コントロール パネル]がクラシック表示になっている場合は、[プリンタ]をダブルクリックします。

  3. プリンターの追加を選びます。

    • Windows 7/Server 2008 R2の場合は、[プリンターの追加]をクリックします。

    • Windows Vista/Server 2008の場合は、[プリンタのインストール]をクリックします。

    Windows Vistaの場合:

    Windows Server 2008の場合:

    [プリンターの追加]ウィザードが表示されます。

  4. [ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetoothプリンターを追加します]をクリックします。

    接続されているプリンターが検索されます。

  5. プリンターが検出された画面で、[探しているプリンターはこの一覧にはありません]をクリックします。

  6. [共有プリンターを名前で選択する]に、次の形式で本機のURLを入力し、[次へ]をクリックします。

    • http://<本機のIPアドレス>/ipp
      入力例:http://192.168.1.20/ipp

    • IPPS印刷に設定するときは「https://[ホスト名].[ドメイン名]/ipp」を入力します。
      [ホスト名].[ドメイン名]には、お使いのDNSサーバーに登録されているものを指定してください。

    • 本機の証明書が証明機関により発行されたものでない場合は、本機の証明書を、Windows Vista/7/Server 2008/Server 2008 R2でコンピューターアカウント用の信頼されたルート証明機関の証明書として登録しておく必要があります。

    • 本機に証明書を登録するとき、[ホスト名].[ドメイン名]が証明書のコモンネームに表示されていることを確認してください。

  7. [ディスク使用...]をクリックします。

  8. [参照...]をクリックします。

  9. CD-ROM内の目的のプリンタードライバーが入っているフォルダーを指定し、[開く]をクリックします。

    • 指定するフォルダーは、使用するプリンタードライバー、OS、言語に応じて選んでください。
      選択できるプリンタードライバー:PCLドライバー、PSドライバー、XPSドライバー

  10. [OK]をクリックします。

    [プリンター]リストが表示されます。

  11. [OK]をクリックします。

  12. 画面の指示に従って操作します。

    • [ユーザー アカウント制御]に関する画面が表示された場合は、[続行]または[はい]をクリックします。

  13. [完了]をクリックします。

  14. インストール終了後、インストールしたプリンターアイコンが[プリンタ]ウィンドウまたは[デバイスとプリンター]ウィンドウに表示されていることを確認します。

  15. CD-ROMをCD-ROMドライブから取出します。

    以上で、プリンタードライバーのインストールの完了です。設定が完了したプリンターは、通常のローカルプリンターと同様にお使いいただけます。