ホームプリント接続方法を確認する

接続方法を確認する

Windows Vista/7/8/8.1/10/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2をお使いの場合

本機とコンピューターとの接続方法によって、プリンタードライバーのインストール方法が異なります。また、ネットワーク接続でお使いになる場合は、印刷のためのプロトコルが複数あり、プロトコルによってプリンタードライバーのインストール方法が異なります。

プリンターの追加ウィザードでセットアップが可能な接続方法

接続方法

説明

LPR

LPR(Line Printer Remote)プリントサービスによるネットワーク接続です。TCP/IPプロトコルを使い、印刷ポートにLPRを使います。

  • インストールのしかたは、こちらをごらんください。

Port 9100

Port 9100プリントサービスによるネットワーク接続です。TCP/IPプロトコルを使い、印刷ポートにRAW を使います。

  • インストールのしかたは、こちらをごらんください。

SMB

Windowsでファイル共有やプリンター共有を実現するSMB(Server Message Block) を利用したネットワーク接続です。TCP/IP のプロトコルに対応しています。

  • インストールのしかたは、こちらをごらんください。

IPP/IPPS

IPP(Internet Printing Protocol)プリントサービスによるネットワーク接続です。TCP/IP プロトコルのHTTP(HyperText Transfer Protocol)を利用し、インターネット経由で印刷できます。

IPPSは、SSLによる暗号化通信をするIPPです。

  • インストールのしかたは、こちらをごらんください。

Web サービスプリント

Windows Vista以降のコンピューターのWebサービス機能に対応した接続で、ネットワーク上のプリンターを自動的に検出して接続します。

  • インストールのしかたは、こちらをごらんください。

USB

USB ポートによる接続です。

プラグアンドプレイでセットアップが可能な接続方法

接続方法

説明

USB

USB ポートによる接続です。

  • インストールのしかたは、こちらをごらんください。

  • ユーザーズガイドでは、フォルダー名やファイル名をルートから記述していない場合があります。

  • Windows用プリンタードライバーを手動でインストールする場合は、ファイルはすべてJA(Japanese)フォルダー内のドライバーファイルを指定してください。