ホーム機能 / 設定キーの説明受信データ処理設定

受信データ処理設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者]
      • [ファクス設定]
        • [機能設定]
          • [受信データ処理設定]

受信したファクスの処理方法を設定します(初期値:[設定なし])。

[強制メモリー受信設定]を選んだ場合は、次の設定をします。

設定

説明

[強制メモリー受信ボックスパスワード]

強制メモリー受信ボックスへのアクセスを制限するためのパスワードを入力します(半角数字64桁以内)。

[転送ファクス設定]を選んだ場合は、次の設定をします。

設定

説明

[転送ファクス設定]

転送ファクス機能を使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[出力機能]

受信したファクスを転送するときに、本機で印刷するかどうかを選びます(初期値:[常時印刷])。

  • [常時印刷]:転送すると同時に、本機でも印刷します。

  • [不達時のみ印刷]:正常に転送できなかった場合だけ、本機で印刷します。

[転送先]

受信したファクスの転送先を指定します。

  • [短縮宛先から選択]:本機に登録されている短縮宛先に転送します。

  • [グループ宛先から選択]:本機に登録されているグループ宛先に転送します。

  • [ボックス番号から選択]:本機に登録されているボックスに転送します。

  • [宛先を直接指定する]:入力したファクス番号に転送します。

[ファイル形式]

ファクスを転送するときの、ファイル形式を選びます(初期値:[PDF])。

転送先がファクスの場合を除き、ファクスをファイルに変換できます。

[ページ設定]

受信したファクスが複数ページあるときに、ファイルにするページ単位を選びます(初期値:[ページ一括])。

  • [ページ一括]:すべてのページを1つのファイルに変換します。

  • [ページ分割]:ページごとにファイルに変換します。

[E-Mailへの添付方法]

転送先がメールアドレスで、[ページ設定]を[ページ分割]に設定したときの、添付のしかたを選びます(初期値:[全ファイル一括添付])。

  • [全ファイル一括添付]:すべてのファイルを1通のE-mailに添付します。

  • [1メール1ファイル]:ファイルごとに1通のE-mailを送信します。

[PC-FAX受信設定]を選んだ場合は、次の設定をします。

設定

説明

[PC-FAX受信設定]

PC-FAX受信機能を使う場合は、[許可する]を選びます(初期値:[許可しない])。

ダイアルインをお使いの場合は、[ダイアルインのみ]が選べます。[ダイアルインのみ]を選ぶと、ダイアルインのPC-FAX番号で受信したときだけPC-FAX受信するように設定できます。

[受信出力先]

受信したファクスの保存先を、[強制メモリ受信ボックス]または[指定ボックス](Fコード(SUBアドレス)で指定したボックス)から選びます(初期値:[強制メモリ受信ボックス])。

[受信後印刷]

受信したあとに本機で印刷する場合は、オンにします(初期値:オン)。

[パスワードチェック]

[受信出力先]で[指定ボックス]を選んだ場合に、通信パスワード(送信ID)を確認する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • [通信パスワード]:通信パスワードを入力します(半角数字8桁以内、記号は#、*を使用可能)。

[TSI受信振分け設定]を選んだ場合は、次の設定をします。

設定

説明

[TSI受信振分け設定]

TSI受信振分け機能を使う場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[該当ボックスなし設定]

ファクス番号(TSI)が未登録で、振分け先がないファクスを受信したときの動作を選びます(初期値:[受信印刷])。

  • [受信印刷]:ボックスに保存せずに印刷します。

  • [強制メモリ受信ボックス]:強制メモリー受信ボックスに保存します。

  • [指定ボックス]:指定したボックスに保存します。[ボックス一覧より選択]をクリックすると、保存先のボックスを一覧から選べます。

  • [指定宛先]:指定した短縮宛先に転送します。[宛先一覧より選択]をクリックすると、転送先を本機に登録されている短縮宛先から選べます。

  • [指定グループ]:指定したグループ宛先に転送します。[宛先一覧より選択]をクリックすると、転送先を本機に登録されているグループ宛先から選べます。

[受信後印刷]

受信したあとに本機で印刷する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

[設定して振分け先を登録]

[TSI受信振分け先一覧]が表示されます。振分け先を登録します。

[TSI受信振分け先一覧]で[登録]をタップし、次の設定をします。

設定

説明

[送信者(TSI)]

振分け先を登録する送信元のファクス番号(TSI)を入力します(半角数字20文字以内、記号は#、*、+、スペースを使用可能)。

[振分け先]

[送信者(TSI)]で入力したファクス番号からファクスを受信したときの、振分け先を指定します。

  • [短縮宛先から選択]:本機に登録されている短縮宛先に振分けます。

  • [グループ宛先から選択]:本機に登録されているグループ宛先に振分けます。

  • [ボックス番号から選択]:本機に登録されているボックスに振分けます。

[ファイル形式]

ファクスを転送するときの、ファイル形式を選びます(初期値:[PDF])。

転送先がファクスの場合を除き、ファクスをファイルに変換できます。

[ページ設定]

受信したファクスが複数ページあるときに、ファイルにするページ単位を選びます(初期値:[ページ一括])。

  • [ページ一括]:すべてのページを1つのファイルに変換します。

  • [ページ分割]:ページごとにファイルに変換します。

[E-Mailへの添付方法]

転送先がメールアドレスで、[ページ設定]を[ページ分割]に設定したときの、添付のしかたを選びます(初期値:[全ファイル一括添付])。

  • [全ファイル一括添付]:すべてのファイルを1通のE-mailに添付します。

  • [1メール1ファイル]:ファイルごとに1通のE-mailを送信します。

  • 各機能は併用できません。