ホームよくあるご質問ボックス

ボックス

Q. ボックスに保存したファイルの名前を変更できますか?

A. 変更できます。

 

Q. ボックスに保存したファイルの名前を変更できますか?

操作方法

  1. ホーム画面で[ボックス]をタップし、ファイルを保存しているボックスを選んで[開く]をタップします。

    • ボックスはダブルタップして開くこともできます。

  2. 名前を変更するファイルを選び、[その他]をタップして、[名称変更]をタップします。

  3. 名前を入力し、[OK]をタップします。

    • ボックスに保存されているファイルの名前は、ファイル送信のときのファイル名になります。ファイル名を変更するときは、送信先のサーバーの条件を考慮して変更することをおすすめします。

Q. ボックスに保存したデータを、保存時とは異なる設定に変更して利用できますか?

A. ボックスに保存したファイルの画像や文字のサイズを変更して印刷したり、解像度を変更して送信したりできます。

操作する内容によって、変更できる設定項目は異なります。

 

Q. ボックスに保存したデータを、保存時とは異なる設定に変更して利用できますか?

操作方法

  1. ホーム画面で[ボックス]をタップし、ファイルを保存しているボックスを選んで[開く]をタップします。

    • ボックスはダブルタップして開くこともできます。

  2. ファイルを印刷する場合は、印刷するファイルを選び、[印刷]をタップします。

    • ファイルをロングタップしてメニューアイコンを表示し、にドラッグ&ドロップすることで同じ操作ができます。

  3. 印刷の各機能の設定を変更します。

    • 設定項目について詳しくは、こちらをごらんください。

  4. ファイルを送信する場合は、送信するファイルを選び、[送信]をタップします。

    • ファイルをロングタップしてメニューアイコンを表示し、にドラッグ&ドロップすることで同じ操作ができます。

  5. 宛先を設定し、ファクス/スキャンの各機能の設定を変更します。

    • 設定項目について詳しくは、こちらをごらんください。

  6. ファイルをUSBメモリーに保存する場合は、保存するファイルを選び、[その他]をタップして、[外部メモリーに保存]をタップします。

    • ファイルをロングタップしてメニューアイコンを表示し、にドラッグ&ドロップすることで同じ操作ができます。

  7. ファイル保存の各機能の設定を変更します。

    • 変更できる設定は、[解像度]、[カラー]、[ファイル形式]です。

  8. スタートキーで印刷/送信/保存を開始します。

Q. ボックスに両面原稿を保存できますか?

A. 原稿を読込むときに、[両面]に設定すれば保存できます。

 

Q. ボックスに両面原稿を保存できますか?

操作方法

  1. 両面原稿をセットします。

  2. ホーム画面で[ボックス]をタップし、保存先のボックスを選んで[保存]をタップします。

  3. [片面/両面]をタップし、[両面]をタップします。

  4. [応用設定]をタップし、[原稿設定]を選びます。

  5. セットした両面原稿に合わせて、[原稿のとじしろ]と[原稿セット方向]を設定し、[OK]をタップします。

  6. スタートキーで保存を開始します。

    • ボックスに保存した両面原稿を両面印刷すれば、原稿と同じ状態の印刷物になります。

Q. ボックス内のファイルを自動的に消去できますか?

A. ボックスごとにファイルの保存期間を設定できます。設定した保存期間が経過すると、ファイルは自動的に消去されます。

  • ボックスのファイル保存期間は、ボックスの登録時に設定することもできます。

 

Q. ボックス内のファイルを自動的に消去できますか?

設定方法

  1. [設定メニュー]をタップし、[ユーティリティ]を選びます。

  2. [ボックス]-[ボックス一覧]を選びます。

  3. ファイルの保存期間を設定するボックスを選び、[編集]をタップします。

  4. [ボックス内ドキュメント削除時間]でファイルの削除時間を選んで、[OK]をタップします。

Q. ボックスに保存されている複数のファイルをまとめて印刷/送信できますか?

A. 複数のファイルを結合して、1つのジョブとして印刷または送信することができます。

  • 最大10ファイルをまとめて印刷または送信できます。

 

Q. ボックスに保存されている複数のファイルをまとめて印刷/送信できますか?

操作方法

  1. ホーム画面で[ボックス]をタップし、ボックスを選んで[開く]をタップします。

    • ボックスはダブルタップして開くこともできます。

  2. 印刷/送信するファイルを複数選びます。

  3. 印刷する場合は、[その他]をタップし、[バインド印刷]をタップします。送信する場合は、[その他]をタップし、[バインド送信]をタップします。

  4. 必要に応じて印刷/送信するファイルの順番を入替え、[OK]をタップします。

    • ボックスに保存されている複数のファイルを印刷する場合、仕上りは変更できません。

  5. 印刷設定または宛先を設定します。

    • ボックスに保存されている複数のファイルを送信する場合、ファクス、インターネットファクス、IPアドレスファクスの送信はできません。

  6. スタートキーで印刷/送信を開始します。

Q. コンピューターからボックスの作成やボックス内のファイルの印刷、ダウンロードなどの操作ができますか?

A. Web ConnectionまたはWindowsファイル共有を使うことで、席を立たずにボックスの作成や、ボックス内のファイルの操作ができます。

  • Windowsファイル共有機能を使うには、あらかじめWeb Connectionを使って、SMBサーバーの設定と、ファイル共有に使用する共有ボックスの作成を行う必要があります。詳しくは、こちらをごらんください。

  • Windowsファイル共有機能を使って操作できるのは、ボックスモードから共有ボックスに保存したファイルと、ファクス/スキャンモードから共有ボックスに保存したファイルのみです。

 

Q. コンピューターからボックスの作成やボックス内のファイルの印刷、ダウンロードなどの操作ができますか?

操作方法:Web Connectionを使う

  1. Webブラウザーを起動します。

  2. URLフィールドに、本機のIPアドレスを入力して[Enter]を押します。

    • IPアドレスは、[設定メニュー]-[装置情報表示]で確認できます。

    • ユーザー認証または部門管理を行っている場合は、[ユーザー名]と[パスワード]を入力して、[ログイン]をクリックしてください。

  3. [ボックス]-[ボックスを開く]をクリックします。

  4. 以下の操作を行います。

    • ボックスの作成/編集/削除

    • ボックス内ファイルの印刷/送信

    • ボックス内ファイルのコンピューターへのダウンロード

    • ボックス内ファイルのコピー/移動/削除

  • コンピューターへ一度にダウンロードできるファイルサイズの上限は、400 MBまでです。

  • ファイルサイズが400 MBを超える場合は、ダウンロード前の設定でページ範囲を指定し、一度にダウンロードするファイルサイズを400 MB未満にしてください。

操作方法:Windowsファイル共有機能を使う

  1. コンピューターで、ネットワークを開きます。

  2. 本機をホスト名で探します。

    • 本機のホスト名は、[設定メニュー]-[管理者]-[ネットワーク]-[SMB設定]-[SMBサーバー設定]-[SMBサーバー共通設定]-[SMBホスト名]で確認できます。

  3. 本機の共有フォルダーを開いて、目的のファイルを探します。

    • 共有ボックスのSMBフォルダーの名前は、「ボックス番号(9桁)_ボックス名」となります。

    • 共有ボックスにパスワードが設定されている場合、SMBフォルダーにアクセスするとき、次のIDとパスワードで認証します。
      ID:ボックス番号
      パスワード:共有ボックスに設定したパスワード

  4. 以下の操作を行います。

    • ファイルのコンピューターへのダウンロード

    • ファイルのコピー/削除