ホームはじめにADFにセットする

ADFにセットする

ADFにセットできる原稿

項目

仕様

原稿種類

普通紙(50 g/m2 ~ 128 g/m2

最大原稿サイズ

A4または8-1/2 14

FAXモード:216 mm ~ 1000 mm

原稿積載量

最大80枚(80 g/m2

以下のような原稿をADFにセットしないでください。原稿づまりや原稿破損の原因となります。

  • しわ、折れ、カール、破れなどのひどい原稿

  • OHPフィルム、第2原図などの透明度の高い原稿

  • カーボン紙などの表面がコーティング処理された原稿

  • 坪量35 g/m2未満、163 g/m2を超える原稿

  • クリップ、ステープルなどでとじられた原稿

  • 冊子など製本されている原稿

  • のりなどで貼り合わせてある原稿

  • 切欠きや切抜きのある原稿

  • ラベル用紙

  • オフセットマスター

  • 写真印画紙

  • 光沢塗工紙等の光沢原稿

  • 大量の原稿を数回に分けて読込む([連続読込み])(こちら

  • 異なるサイズの原稿をまとめて読込む([混載原稿])(こちら

ADFへのセットのしかた

ADFでは、複数枚の原稿を上から順に1枚ずつ送り出して、自動的に読込みます。また、両面の原稿も自動的に読込みます。

大量の原稿を読込むときはADFを使うと便利です。

  1. ガイド板を広げます。

  2. 原稿の1ページ目を一番上にし、読込みたい面を上に向けて原稿給紙トレイにセットします。

    • 原稿の天部(上側)が左側になるようにセットしてください。別の向きでセットしたときは、必ず原稿のセット方向を指定してください。原稿のセット方向について詳しくは、こちらをごらんください。

    • 読込んだ原稿が落下するのを防ぐため、原稿ストッパー(1)を引出してください。

    • 原稿の幅が55 mm以下の場合は、ガイド板を原稿の幅に合わせてから、原稿をセットしてください。

    • ADF原稿給紙トレイに1度にセットする原稿は80枚(80 g/m2)以内とし、なおかつマークを超えてセットしないでください。原稿づまりや原稿の破損、ADFの故障の原因になります。ただし、原稿が80枚(80 g/m2)を超える場合でも、分割して読込ませることができます。

  3. セットした原稿に合わせて、ガイド板をスライドします。