ホームWeb設定ツール設定情報をエクスポートする

設定情報をエクスポートする

エクスポートできる情報の種類

本機の各種設定情報を、お使いのコンピューターまたはSMB共有フォルダーにエクスポートできます。本機の各種設定情報のバックアップや、設定情報のコピーにお使いください。

本機からエクスポートできる情報は、次のとおりです。

項目

説明

[デバイス設定]

本機の各種設定値です。

必要に応じて、エクスポートする設定情報ファイルを、パスワードで暗号化できます。

[カウンター]

本機の各種カウンター情報です。

ユーザー別カウンターや部門別カウンターなど、エクスポートするカウンター情報を選べます。

[認証情報]

本機で管理する認証情報です。

全認証情報をエクスポートするか、ユーザー登録情報だけをエクスポートするかを選べます。

必要に応じて、エクスポートする認証情報ファイルを、パスワードで暗号化できます。

[宛先]

本機に登録されている宛先の情報です。

全宛先情報、短縮宛先、グループ宛先、プログラム宛先、E-mailの件名/本文から、エクスポートする情報を選べます。

必要に応じて、エクスポートする宛先情報ファイルを、パスワードで暗号化できます。

[コピープロテクト/スタンプ]

コピープロテクトや、スタンプの登録情報です。

[禁止コードリスト]

弊社が推奨しないOpenAPI連携アプリケーションの、禁止コードリストです。

[コピープログラム]

コピープログラムの登録情報です。

お使いのコンピューターにエクスポートする

  1. Web Connectionの管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、エクスポートする情報を選び、[エクスポート]をクリックします。

  2. エクスポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]を選んだ場合は、エクスポートする目的を[設定コピー用]、[バックアップ用]から選びます。[設定コピー用]を選んだ場合は、コピーする設定の種類を選びます。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、必要に応じてパスワードを入力します。

    • [カウンター]を選んだ場合は、エクスポートするカウンターの種類を選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、すべての情報をエクスポートするかどうかを選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、保存するファイルの形式を選びます。表計算ソフトで編集する場合は、[CSVファイル]を選びます。

  3. [エクスポート先]で、[PCにエクスポートする]を選びます。

  4. [OK]をクリックします。

    ファイルがコンピューターに保存されます。

  • 証明書を登録しているE-mail宛先をエクスポートした場合、証明書はエクスポートされません。本機にインポートしたあとに、証明書を再登録してください。

  • 禁止コードリストについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

SMB共有フォルダーにエクスポートする

  1. Web Connectionの管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、エクスポートする情報を選び、[エクスポート]をクリックします。

  2. エクスポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]を選んだ場合は、エクスポートする目的を[設定コピー用]、[バックアップ用]から選びます。[設定コピー用]を選んだ場合は、コピーする設定の種類を選びます。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、必要に応じてパスワードを入力します。

    • [カウンター]を選んだ場合は、エクスポートするカウンターの種類を選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、すべての情報をエクスポートするかどうかを選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、保存するファイルの形式を選びます。表計算ソフトで編集する場合は、[CSVファイル]を選びます。

  3. [エクスポート先]で、[SMBにエクスポートする]を選びます。

  4. [OK]をクリックします。

  5. SMBサーバーへ接続するための情報を入力します。

    設定

    説明

    [サーバーアドレス]

    SMBサーバーのアドレスを入力します。

    入力例:「192.168.1.1」

    [ユーザー名]

    SMBサーバーにログインするためのユーザー名を入力します(半角64文字以内)。

    [パスワード]

    SMBサーバーにログインするためのパスワードを入力します(半角64文字以内)。

  6. [接続]をクリックします。

    フォルダーの選択画面が表示されます。

  7. ファイルをエクスポートするフォルダーを選択して、[OK]をクリックします。

    ファイルが、選択したSMB共有フォルダーに保存されます。

USBメモリーにエクスポートする

本機のWebブラウザーを使ってネットワーク上の装置にアクセスすれば、アクセス先の装置の設定情報をUSBメモリーにエクスポートできます。

  1. 設定情報をエクスポートする装置にUSBメモリーを接続します。

  2. 本機のWebブラウザーを起動して、設定情報をエクスポートする装置のIPアドレスを指定します。

    • 操作方法について詳しくは、こちらをごらんください。

    Webブラウザーの画面に、アクセス先の装置のWeb Connectionの画面が表示されます。

  3. Web Connectionの管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、エクスポートする情報を選び、[エクスポート]をクリックします。

  4. エクスポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]を選んだ場合は、エクスポートする目的を[設定コピー用]、[バックアップ用]から選びます。[設定コピー用]を選んだ場合は、コピーする設定の種類を選びます。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、必要に応じてパスワードを入力します。

    • [カウンター]を選んだ場合は、エクスポートするカウンターの種類を選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、すべての情報をエクスポートするかどうかを選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、保存するファイルの形式を選びます。表計算ソフトで編集する場合は、[CSVファイル]を選びます。

  5. [MFPに接続されたUSBにエクスポートする]を選び、[OK]をクリックします。

  6. [OK]をクリックします。

  • 証明書を登録しているE-mail宛先をエクスポートした場合、証明書はエクスポートされません。本機にインポートしたあとに、証明書を再登録してください。

  • 禁止コードリストについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。