ホームWeb設定ツールUSBメモリーを使ったファームウェアの更新をパスワードで制限する

USBメモリーを使ったファームウェアの更新をパスワードで制限する

サービスエンジニアによるUSBメモリーを使ったファームウェアの更新を制限するための設定をします。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[セキュリティー]-[FW更新(USB)許可設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[USB更新]

サービスエンジニアに対してUSBメモリーを使ったファームウェアの更新を許可する方法を選びます(初期値:[USBポート接続許可設定優先])。

  • [パスワード優先]:パスワードの入力を要求します。[パスワード]に要求するパスワードを入力します(20文字以内)。入力されたパスワードと、ここで設定したパスワードが一致した場合に、ファームウェアの更新を許可します。

  • [USBポート接続許可設定優先]:[セキュリティー]-[USBポート接続許可設定]の[USBメモリー(サービス)]-[ファームウェア更新]の許可/禁止の設定に従います。