ホームボックスUSBメモリー内のファイルを印刷する

USBメモリー内のファイルを印刷する

USBメモリーからの印刷を許可する(管理者向け)

[USBメモリー機能設定](こちら)で、USBメモリーからのファイルの印刷を許可します。初期設定ではファイルの印刷は許可されているため、そのままお使いいただけます。

操作の流れ

対応するファイル形式は、次のとおりです。PDF、コンパクトPDFJPEGTIFFXPSコンパクトXPS、OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)、PPML(.ppml/.vdx/.zip) 暗号化されたPDFや、サーチャブルPDFアウトラインPDFも印刷できます。

  1. 本機にUSBメモリーを接続します。

    • 本機の起動中は、USBメモリーの抜き差しはしないでください。

  2. [外部メモリーの文書を印刷する]をタップします。

    • ボックスモードで[システム]-[外部メモリー]をタップしても同じ操作ができます。

  3. 印刷したいファイルを選び、[印刷]をタップします。

    • [ファイルパス]で、印刷したいファイルが保存されているフォルダーのパスを直接入力できます。

    • [上へ]をタップすると、上の階層へ移動します。

    • [開く]をタップすると、フォルダーを開き、下の階層へ移動します。

    • [文書詳細]をタップすると、選んだファイルの詳細情報を確認できます。

  4. 必要に応じて、印刷のオプション設定をします。

    • 印刷時の用紙サイズを選ぶことができます。詳しくは、こちらをごらんください。

    • オプション設定について詳しくは、こちらをごらんください。

  5. スタートキーで印刷を開始します。

    パスワードが設定されたPDFファイルは、パスワード暗号化PDFボックスに保存されます。パスワード暗号化PDFボックスに保存されたファイルの操作ついて詳しくは、こちらをごらんください。

  6. 印刷が完了したら、本機からUSBメモリーを取外します。

  • 1200 dpiで保存されたファイルを印刷する場合は、600 600 dpiに変換されます。