ホームファクス送信先の状態を確認して送信する(手動送信)

送信先の状態を確認して送信する(手動送信)

手動送信について

手動送信は、送信先と通話したり信号音を確認したりすることで、ファクスを受信できる状態であることを確認してから送信する方法です。

送信先が受信できる状態のときに、確実に送信できます。

  • 送信時の宛先2度入力機能を設定している場合、手動送信はできません。

手動送信する

  • TELポートに接続されている電話機が使用中の場合は、受話器をセットし直すようメッセージが表示されます。電話機の使用を終了して受話器を置いてから、送信の操作を行ってください。

  • 電話機から送信の操作を行いたい場合は、サービス実施店にお問い合わせください。

  1. 原稿をセットします。

  2. クラシックスタイルのファクス画面を表示します。

    • 表示方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  3. 必要に応じて、ファクス送信のオプション設定をします。

    • オプション設定について詳しくは、こちらをごらんください。

  4. オフフックキーをタップします。

    • 電話機をお使いの場合は、受話器を上げます。

  5. [送信]が選ばれていることを確認し、ファクス番号を指定します。

  6. 信号音が聞こえたら、スタートキーで送信を開始します。

    確認画面で[はい]をタップすると、送信が開始されます。

    • 電話機をお使いの場合は、受話器を戻します。