ホームプリントUSBメモリーから直接印刷する

USBメモリーから直接印刷する

USBメモリーからの印刷について

本機にUSBメモリーを接続し、USBメモリーに保存されているファイルを指定して印刷できます。

使用できるUSBメモリーの条件

使用できるUSBメモリーの条件は、次のとおりです。

項目

仕様

インターフェース

USB 2.0/1.1

フォーマット形式

FAT32

セキュリティ

暗号化やパスワードロックなどのセキュリティー機能が付加されていないか、またはOFFにできるもの

容量

上限なし

  • USBメモリーによっては使用できない場合があります。

  • 複数ドライブとして認識される場合は使用できません。

本機にUSBメモリーを接続するときは次の点にご注意ください。

  • 操作パネル近くの側面にあるUSBコネクターを使用してください。

  • USBメモリーへの保存中やUSBメモリー内のファイルの印刷中には、USBメモリーを抜かないでください。

  • USBメモリー以外のUSB機器(ハードディスク、USBハブなど)は使用しないでください。

  • 本機の起動中はUSBメモリーの抜き差しを行わないでください。

  • USBメモリーを差込んだ直後に抜かないでください。

印刷のしかた

対応するファイル形式は、次のとおりです。PDFコンパクトPDFJPEGTIFF、XPS、コンパクトXPS、OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)、PPML(.ppml/.vdx/.zip) 暗号化されたPDFや、サーチャブルPDF、アウトラインPDFも印刷できます。

  1. 本機にUSBメモリーを接続します。

    • 本機の起動中は、USBメモリーの抜き差しはしないでください。

  2. ホーム画面で[USBメモリー印刷]をタップします。

  3. 印刷したいファイルをタップします。

  4. 必要に応じて、印刷のオプション設定をします。

    設定

    説明

    [部数]

    印刷部数を入力します(初期値:[1]部)。

    [用紙]

    印刷する用紙の給紙トレイを選びます(初期値:[自動])。

    [両面設定]

    用紙の印刷面を選びます(初期値:[片面])。

    [ページ割付]

    複数のページを1枚の用紙の同じ面に縮小して印刷するかどうかを選びます(初期値:[しない])。

  5. スタートキーで印刷を開始します。

    • パスワードで暗号化されたPDFファイルを印刷する場合は、パスワードの入力画面が表示されます。

  6. 印刷が完了したら、本機からUSBメモリーを取外します。

  • 1200 dpiで保存されたファイルを印刷する場合は、600 600 dpiに変換されます。