ホームプリント不正コピーを抑止する

不正コピーを抑止する

隠し文字を印字する([コピープロテクト])

すべてのページに、「コピー」「社外秘」などの文字を、背景パターンの中に目立たない文字として印字します。この機能を、コピープロテクトと呼びます。

コピープロテクトされた用紙をコピーすると、隠し文字が用紙全体に浮出るため、コピーであることがわかります。

[スタンプ/ページ印字]タブの[コピーセキュリティー]にチェックをつけ、[コピープロテクト]を選びます。

必要に応じて、[編集...]をクリックし、印字する内容や印字のしかたを指定します。詳しくは、こちらをごらんください。

ページ全体にスタンプを印字する([繰り返しスタンプ])

ページ全体に、「コピー」「社外秘」などのスタンプを印字します。

「コピー」「社外秘」などの文字を、目に見える状態でページ全体に印字することで、不正コピーを抑止できます。

[スタンプ/ページ印字]タブの[コピーセキュリティー]にチェックをつけ、[繰り返しスタンプ]を選びます。

必要に応じて、[編集...]をクリックし、印字する内容や印字のしかたを指定します。詳しくは、こちらをごらんください。

コピーセキュリティーの印字設定をする

用紙にコピーセキュリティーのパターンを印字するときに、必要に応じて、印字する内容や印字のしかたを設定できます。

  1. [スタンプ/ページ印字]タブの[コピーセキュリティー]にチェックをつけ、[編集...]をクリックします。

  2. [印字項目]で、印字する内容を設定します。

    • 選んだコピーセキュリティー機能によって、設定できる項目が異なります。

    設定

    説明

    [文字列]

    文字を印字するときにチェックをつけます。あわせて、印字する文字を選びます。

    • 印字する文字は、あらかじめ登録されている定型スタンプやユーザーが登録した登録スタンプから選べます。

    • 本機と通信可能な場合は、[装置情報取得]をクリックすると、スタンプ情報を本機から取得し、最新情報を表示します。

    [日付/時刻]

    印刷日時を追加するときにチェックをつけます。

    必要に応じて、[編集...]をクリックし、表記のしかたを指定します。

    [シリアル番号]

    本機のシリアル番号を印字するときにチェックをつけます。

    [部数管理番号]

    複数の部数を印刷する場合に、部数番号を印字するときはチェックをつけます。

    必要に応じて、[編集...]をクリックし、開始番号や表示桁数を指定します。

    [ジョブ番号]

    本機で管理するジョブ番号を印字するときにチェックをつけます。

  3. [詳細設定]で、印字のしかたを設定します。

    • 選んだコピーセキュリティー機能によって、設定できる項目が異なります。

    設定

    説明

    [文字の角度]

    印字する文字の角度を選びます。

    [文字サイズ]

    印字する文字のサイズを選びます。

    [濃度の調整]

    コピーセキュリティーパターンの濃度を調整します。

    [重ね合わせ]

    コピーセキュリティーパターンを原稿の前面に合成するか、原稿の背面に合成するかを選びます。

    [背景パターン]

    コピーセキュリティーパターンを、本機に登録されている背景のパターンから選びます。

    [効果]

    原稿が不正コピーされたときに、文字パターンが浮出るようにするか、白抜きされるようにするかを選びます。

  4. [OK]をクリックします。