ホーム機能 / 設定キーの説明ファクス設定

ファクス設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [ユーティリティ]
      • [カスタマイズ設定]
        • [ファクス設定]

ファクスモードのトップ画面の初期状態を変更します。

設定

説明

[基本画面表示]

ファクスモードのトップ画面の初期表示を選びます(初期値:[登録宛先から])。

[プログラム初期表示]

[プログラム]のトップページに表示するページを選びます(初期値:[PAGE1])。

この設定はクラシックスタイル画面のみ適用されます。

[アドレス帳初期表示]

[登録宛先から]を表示したとき、最初に表示する検索文字と宛先の種類を選びます。

  • [検索文字]:宛先の登録時に、インデックス検索用に選んだ文字を選びます(初期値:[常用(よく使う宛先)])。

  • [宛先種類]:グループ、ファクスなど、表示する宛先の種類を選びます(初期値:[全て])。

[宛先並び順の初期設定]

[登録宛先から]に表示する宛先の並び順を、登録番号順にするか、登録名順にするかを選びます(初期値:[登録名順])。

登録名順にすると、宛先に設定された[登録名ふりがな]をもとに並替えます。

この設定はクラシックスタイル画面のみ適用されます。

[宛先表示方法の初期設定](クラシックスタイル)

クラシックスタイルの[登録宛先から]の初期表示を、ボタン表示にするか、リスト表示にするかを選びます(初期値:[ボタン型])。

[宛先表示方法の初期設定](ベーシックスタイル)

ベーシックスタイルの登録宛先一覧の初期表示を、ボタン表示にするか、リスト表示にするかを選びます(初期値:[ボタン型])。

[宛先ボタンサイズ]

[登録宛先から]をボタン表示にしたときの、ボタンのサイズを選びます(初期値:[標準])。

この設定はクラシックスタイル画面のみ適用されます。