ホーム操作パネルについてトップメニュー

トップメニュー

クラシックスタイル表示に切換えると、トップメニューが表示されます。トップメニューに表示するキーは、お使いの環境に合わせて自由にカスタマイズできます。

トップメニューは3画面に拡張できます。トップメニューには1画面に12個ずつ、最大で25個のショートカットキーを配置できます。[設定メニュー]は、1ページ目の右下に固定で表示されます。

よく使う機能のショートカットキーを、トップメニューに配置しておけば、目的の機能に素早くアクセスできるため便利です。さらに、トップメニューの背景などを、好みに応じて変更できます。

No.

名前

説明

1

トップメニューキー

任意の機能を割当てたショートカットキーを表示します。お使いの環境に合わせて、自由にカスタマイズできます。

[標準トップメニュー(クラシックスタイル)](こちら)でトップメニューに表示するショートカットキーを変更できます。

2

[ユニバーサル設定]

タッチパネルの調整や、キー操作音の変更など、操作環境のアクセシビリティーを設定できます。

[ユニバーサル設定]について詳しくは、こちらをごらんください。

3

[カウンター]

本機で印刷したページ数の累計を機能別に集計した情報を確認できます。

4

ユーザー名/部門名

ユーザー認証部門管理を導入している場合に、現在ログイン中のユーザー名または部門名を表示します。ユーザー認証と部門管理を併用している場合は、ユーザー名を表示します。

5

[Language]

パネルの表示言語を一時的に切換えます。

[言語一時変更](こちら)がオンに設定されている場合に表示されます。

6

[機能検索]

設定項目を検索し、検索結果から対象の機能の画面へ移動することができます。

7

[ジョブ表示]

実行中のジョブや待機中のジョブを表示します。ジョブの履歴を確認したり、通信レポートを印刷したりすることもできます。また、ジョブの実行中は、実行中のジョブの動作状況を表示します。

[ジョブ表示]について詳しくは、こちらをごらんください。

8

ページインジケーター

トップメニューキーが複数ページに割当てられている場合に、現在何ページ目を表示しているかを確認できます。

9

ページ切換えキー

トップメニューキーが複数ページに割当てられている場合に、ページを切換えます。画面をドラッグまたはフリックすることでも、ページを切換えることができます。

  • [トップメニューテーマ設定](こちら