ホームWeb設定ツール本機の設定情報の読み書きを許可する

本機の設定情報の読み書きを許可する

遠隔診断システムで本機を管理している場合は、本機に登録されている宛先(短縮宛先、グループ宛先、プログラム宛先)や、認証情報(ユーザー認証、部門認証)を、遠隔診断システムからインポートまたはエクスポートできます。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[メンテナンス]-[遠隔診断設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[ユーザーデータの書換え]

遠隔診断システムからのユーザーデータの書換えを許可する場合は、オンにします(初期値:オフ)。

  • この設定は、遠隔診断システムで本機を管理している場合に表示されます。遠隔診断システムについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。