ホームWeb設定ツール外部機関による認証が必要な機能を有効化する

外部機関による認証が必要な機能を有効化する

外部機関による認証が必要な機能は、製品出荷時に使用できない状態となっている場合があります。認証取得後に、機能コードを入力して、機能を有効化します。

Web Connectionの管理者モード(または本機の[設定メニュー]-[管理者])の[メンテナンス]-[認定機能管理設定]-[機能有効化]で、機能コードを入力し、[OK]をクリックします。

  • 外部機関による認証が必要な機能および機能コードについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  • [メンテナンス]-[認定機能管理設定]-[認定機能一覧表示]で、本機で有効になっている機能を確認できます。