close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

教育の説明が
わかりやすかったと
評価された

ヘルスケア事業

サービスエンジニア2015年入社

システム理工学部 生命科学科 卒

今の仕事は

当社ではレントゲン検査や超音波検査など、病気の診断で使う画像に関する医療機器を扱っています。病院やクリニックに訪問し、医療機器のメンテナンスをするサービスマンが全国にいます。そのサービスマンの技術的なサポートをするのが私の仕事です。
現場でわからない不具合の対応や、医療の知識だけでなくネットワークなどの専門知識に関する教育をして、サービスマンの技術力をサポートしています。また現場からメーカへ品質情報を提供し、品質の改善につなげています。

社内で業務をするだけではなく、病院に訪問する機会もあります。実際に病院の方が患者様を検査しているところを見ると、私も医療に貢献できているんだと強く実感でき、モチベーションにつながっています。

仕事で印象に残っていること

今年の春に新入社員教育でレントゲン検査で使う製品の技術教育を担当しました。
教育をするためには、自分が深い知識を持っていないと説明ができません。レントゲンはどういった仕組みで撮影するのか、なぜ白黒に写るのかといったレントゲン検査そのものの基礎から、診断で使う画像の特別な規格、無線LANを使用する機器があるので無線LANの規格や特徴などの知識が必要です。私自身まだまだ新人で理解しきれていない部分が多くあったのですが、周りの先輩方に丁寧に教えていただき、理解を深めることができました。
教育の講師は今まで経験になく、受講者のみなさんに理解してもらえるか不安でしたが、教育後に受講者や先輩方から説明がわかりやすかったと言われた時は頑張ってよかったなと思いました。

コニカミノルタジャパンを選んだのは

多くの人々の健康に貢献できる

様々な業種の会社説明会に参加しましたが、大学で医療について学んでいたこともあり、医療に関する会社を中心に就職活動をしていました。病気を治療する機器を扱う会社も受けましたが、病気の人も健康な人も受ける検査に関する医療機器ならば多くの人の医療に貢献できると思い、国内トップクラスの当社を志望しました。
また、会社説明会で先輩社員の方が真摯に丁寧に説明してくださり、私もこんな風な人になりたいと思ったのも理由の一つです。
私たちのお客様は病院の方々ですが、入社式で「お客様の向こうには患者様がいる」というお言葉をいただき、患者様のことを常に意識している良い会社に入社できて本当に良かったと思います。

就職活動をしている学生のみなさんへ

業種・職種問わず少しでも興味があるようなら、いろんな会社を見るべきだと思います。いざ入社すると、他の業種や他社を知ることはかなり難しいです。私自身、医療機器の会社だけでなく、インテリアの会社や航空関係の会社などの説明会にも参加しました。
いろんな会社を見ながら就職活動していれば、きっと本当にやりたいことがわかって、ご自身にぴったりな会社とめぐりあえるはずです。
辛いこともたくさんあるとは思いますが、頑張ってください。

Time Schedule一日の流れ

  • 10:00
    出社 まずは今日やるべきことをメモに書き出し。
    その後、11時からの会議に向けて資料や設備の最終確認をします。
  • 11:00
    全国の現場サービスマンと技術会議 全国各地にサービスマンがいるので、最新の技術情報を伝えるためにweb会議を活用しています。
    会議の中で現場の要望を集約して、コニカミノルタの開発側に伝えます。お客様、患者さんに一番近いサービスマンの意見がしっかり伝わるよう、気をつけています。
  • 12:15
    昼食 節約のために、できるだけお弁当を作って持っていくようにしています!
    お昼休みに問合せが来ることもあるので、電話番をしつつ昼食をとります。
  • 13:00
    現地サービスへの技術教育の事前打合せ 受講者に合わせて、教育の目的や内容、スケジュールを詰めます。
    教育を受ける人にこれからどうなって欲しいか、そのためには講義のみでいいのか実習もやるべきか、プログラム構成なども話し合います。
  • 15:00
    教育資料の作成 資料を作りながら、なるべく受講者が理解しやすい言葉や例えを考えます。 人に「教える」「伝える」のは想像していた以上に難しく、毎回苦戦していますが、回数をこなしていくうちに自分の言葉で伝えられるようになってきました。
  • 17:30
    退社 夜に予定が入っているので、フレックスタイム制を利用して今日は少し早めに退社。
    比較的業務の調整がしやすいので、同じ週で調整をして早めに切り上げる日もあります。

ページトップへ戻る