close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

オフィスの移転やレイアウト変更を、
総合的に管理する

オフィス事業

システムエンジニア2011年入社

美術学部 環境デザイン学科
ランドスケープデザイン専攻 卒

柔軟に対応出来る
コミュニケーション能力が重要

私は空間デザイン統括部において、オフィスの移転やレイアウト変更プロジェクトなどを総合的に管理するプロジェクトマネジメント(PM)業務を担当しています。具体的にはスケジュール立案から設計監理、施工管理、オフィス家具・什器の選定・手配、移転まで、様々な業務があります。

PMをする上で必要なスキルは、第一にコミュニケーション能力です。
全国各地の営業担当からの支援依頼に対応するためには、こちらから詳細情報を聞き出す必要があります。またPM業務はお客様対応全般を担うため、お客様の要望・お困りごとを引き出し、アドバイスをする役目もあります。お客様の視点で社内デザイナー・SEに的確に伝えることも大切です。各工事業者との調整も頻繁に行います。この一連の流れにおいて「いつも決まったメンバー」で動くわけではないため、柔軟に対応出来るコミュニケーション能力が重要なのです。
また、施工管理を行うため建築施工管理技士(1級・2級)の資格取得も求められます。

プロジェクト開始時から、とにかく様々な方々とコミュニケーションをとり、社内も社外も「調整する」ことが多い仕事です。最初はお客様と少人数での打合せだったのが、進捗するごとに打合せ参加人数も増え、工事が始まる前には、お客様入居ビルのビル管理会社、ビル管理会社に関わる工事業者ともスケジュールを調整し、プロジェクトのコントロールを行います。移転の規模が大きくなるほど関係者も増え、多種多様な意見が飛び交うようになりますが、これらの意見・要望をまとめ、皆で同じゴールに向かって前に進み始めたことを感じられた時、面白さを感じます。

あらゆるシミュレーションを想定し、
徹底的に調べ、知識を増やす

当社に転職して間もない頃、前職と業種は同じものの「住宅」から「オフィス」業界、ターゲットは「BtoC」から「BtoB」へ変わったことで、仕事の進め方が異なることにとても戸惑いました。特に、登場人物の多さと決定権者のわかりにくさには、素直にうんざりした記憶があります。

初めて大規模な改修工事のPM業務を任された時、次から次へと入替わり立代わり打合せ人数が増えていき、意見がまとまらず収拾がつかないこともしばしばでした。PMの立場として、進行しないプロジェクトに悔しさと自分の実力不足を感じました。
それに加えてオフィス構築についての知識や経験が乏しく、何から手を付けて良いのかもわからない状態。それでも自分なりに、会議の前に奇想天外な意見にも対応できるようあらゆるシミュレーションを頭の中で想定し、会議中のわからない用語・内容は帰って徹底的に調べ、少しずつ知識を増やしていきました。経験が浅いうちに大規模案件を任されたことで、度胸も付いてPMとしての自信につながった良い経験となりました。

「オフィス」構築・PMの
枠にとらわれずに挑戦したい

いつかは、海外で働きたいと考えています。現在の業務である「オフィス」構築・PMという枠にとらわれずに、今まで自身が経験してきたことを通じて、もっと世界中が幸せになれる方法があるのではないか、世界に貢献できることがるのではないかと考えるようになりました。そのために、まだまだたくさんの経験を積んでいきたいし、難しい仕事にも挑戦したいです。

当社は3社目になるのですが、1社目はアトリエ系建築設計事務所で意匠設計、2社目は施工も請負う建築設計事務所でした。どちらも設計がメイン業務だったため、現場周りをし、夕方事務所に戻ってから自身が納得するまで模型作成・CADでの製図をしており、熱中するあまりプライベートな時間の工面がとても大変でした。
当社では、スーパーフレックス制度を活用して自身で残業調整することができます。先週はプロジェクトも重なり忙しかったので、今週は少し早く帰宅してリフレッシュしよう、といったように。そのおかげで仕事もプライベートも充実し、時間のマネジメントが可能になりました。
学生のみなさん、当社は仕事もプライベートも充実できる環境が整っているところなので、期待してください!

ページトップへ戻る