close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

複合機で手軽にできる省エネ・省資源対策!

複合機(MFP)で手軽にてきる省エネ・省資源対策!~bizhubの節電機能と用紙節約機能について~

複合機(MFP)も節電したい。

ECO Solution
bizhubはパワーセーブでお使いいただけます。

bizhubは、使用中も数々の省エネテクノロジーが働いています。たとえば、スリープ中にPCプリントやファクスを受信した場合には、使っていない操作部やスキャナ部などの電源をオフのままプリントするなど、動作モードに応じたきめ細かな省エネコントロールを内部で行っています。
さらに、お客様による設定で、一定時間 bizhubを使用しなかった場合に、自動的にパワーセーブに切り替えることができます。このパワーセーブは、ウォームアップ時間が短い低電力モードへの移行時間と、より節電効果の高いスリープモードへの移行時間をそれぞれ1分単位で設定できますので、2つのモードを組み合わせて、きめ細かなパワーセーブが設定可能です。また、パワーセーブ中でもファクスやPCからのプリント受信が行え、受信印字後にパワーセーブモードへ自動的に復帰するのでたいへん便利です。

機種により対応していない機能があります。 またオプション装着時の機能が含まれています。

使い終わったらすぐ節電したい。

ECO Solution
bizhubのパワーセーブボタンを押してください。

bizhubのコントロールパネルには、パワーセーブキーが付いています。このキーを押すと、タッチパネルの表示が消え、すぐに低電力モードまたはスリープモードに移行することができますので、使わないときの消費電力をより一層抑えることができます。
低電力モードは次に使用するときのウォームアップ時間が短いモードで、スリープモードはより高い節電効果を得ることができるモードです。お客様の使い方に合わせて設定していただけます。

パワーセーブキーの位置
※機種によってパワーセーブキーの位置が違います。

電源キーとパワーセーブキーが兼用タイプ
※電源キーとパワーセーブキーが兼用タイプです。

毎日、自動的に節電したい。

ECO Solution
1週間の節電タイマーを設定することができます。

さらに、週単位や日単位でパワーセーブ時間を設定できるウィークリータイマーを設定可能です。この機能では、bizhubがスリープモードへ移行する時間を1日ずつ日付を指定して設定する方法のほか、曜日ごとに一括して設定する方法があります。また両者を併用して指定することや、昼休み時間の設定も行え、効率的な節電に役立ちます。

機種により対応していない機能があります。

たくさん使いながら節電したい。

ECO Solution
マルチアクセスで使うと節電効果がアップします。

たとえば、プリント中にスキャンやコピーが使いたいときなど、複数の人が同時に bizhubを使用する場合に効率よく使えるように、マルチアクセス機能が搭載されています。マルチアクセス機能では、複数のタスクを同時に処理しても、生産性が低下しにくいように制御コントロールを行っており、マシン稼働中にトータルで実質的な消費電力を抑える効果があります。だから、bizhubは、マルチアクセスで使用していただくと仕事の効率化だけでなく節電効果もアップします。

機種により対応していない機能があります。またオプション装着時の機能が含まれています。

もっと積極的に節電したい。

ECO Solution
複数の機器をひとつにまとめるとさらに節電できます。

オフィスに混在するプリンターや、スキャナー、ファクスなどの機器を1台の複合機にまとめて置き換えることでも、節電効果が得られます。bizhubなら、A3高速タイプからA4コンパクトタイプまで、さまざまなラインナップが揃っています。また、複合機に置き換えることで、用紙やトナーの一元化もでき、消耗品管理の無駄も省けます。

節電に向けた設定手順

複合機およびプリンターの節電に関して

ご利用頂いております複合機およびプリンターは以下の方法によって節電することが可能ですので、ご協力下さい。

1.ご使用されていない機器に関して

主電源を切って頂き、コンセントを抜いて下さい。

ファクス機能をご利用の場合は、ファクス受信が行われなくなりますので、「スリープモード」の設定をお勧め致します。
遠隔診断システム「CS Remote Care」サービスをご利用のお客様は、カウント自動検針やトナー自動配送などに影響がでる場合があります。

2.ご使用中の機器に関して

副電源を切って頂く(パネル側面にあるスイッチをオフする)。

副電源を切って頂く(パネル側面にあるスイッチをオフする)。
ファクス機能をご利用の場合でも受信動作は行われ、再度副電源をオン頂いた時点で自動的に出力が開始されます。

省エネモードを設定頂く。

「低電力モード」もしくは「スリープモード」をご利用頂く事で、待機状態での電力を抑えることができ節電を行う事が可能です。
下記機種向けの設定方法です。
カラー複合機:bizhub C652DS / C652 / C552DS / C552 / C452 / C360 / C280 / C220
モノクロ複合機:bizhub 602 / 502 / 423 / 363 / 283 / 223
上記以外のbizhubシリーズやデジタル印刷システム(bizhub PRESS / bizhub PRO / ON DEMAND PUBLISHER)、その他の製品の設定方法については、各種マニュアル(取扱説明書)をご確認頂くか、担当サービス管理店までお問い合わせ下さい。

3.複写機/複合機の消費電力に関して

フルカラー複合機およびモノクロ複合機の消費電力一覧を公開しています。

Adobe Reader download page

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

ページトップへ戻る