コニカミノルタ

コニカミノルタ陸上競技部

現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタ陸上競技部
ニューイヤー駅伝
Course

Course

ニューイヤー駅伝の全7区間を解説します。
7つの区間はすべてが勝負所。次々と⽣まれるドラマを⾒逃すな!

ニューイヤー駅伝全7区間の地図
  1. 1区12.3km
  2. 2区8.3km
  3. 3区13.6km
  4. 4区22.0km
  5. 5区15.8km
  6. 6区12.5km
  7. 7区15.5km

1区

12.3km
群馬県庁から高崎市役所

ライバルに後れをとるな!

1区はレース展開を占う重要な区間。
ここで出遅れることなく流れに乗ることが優勝には⽋かせない。

磯松監督の「ここがポイント!」

駅伝は先手必勝が原則。
トップから差のない位置でタスキを渡したい。

2017年

2区

8.3km
高崎市役所から前橋市公田町

ハイスピードで駆け抜けろ!

外国人選手の出走が認められているインターナショナル区間。世界トップレベルの走りを見ることができる。距離が短いのでハイスピードレースが繰り広げられる。

磯松監督の「ここがポイント!」

外国人選手中心の区間なので、距離は短いが差がつきやすい。
ここでの遅れは致命傷。

2017年:ムワンギ選手

3区

13.6km
前橋市公田町から伊勢崎市役所

差をつけるのか、
差をつけられるのか。

13.6kmとそれほど長い距離ではないが、次のエース区間4区を占う前半の重要区間。この区間あたりから各チームの差が広がり始める。

磯松監督の「ここがポイント!」

前半のヤマ場。次に待つエースのためにも、少しでも良い位置でタスキを渡したい。

2017年:菊地選手

4区

22.0km
伊勢崎市役所から太田市役所

エース同士の熱いぶつかり合い

最長区間4区。各チームのエース級、日本を代表する選手たちが激突する。ニューイヤー駅伝最大の見どころといっても良い、レースの山場。

磯松監督の「ここがポイント!」

最長区間でもあるので、エースの出来が勝負の行方を大きく左右する。

2017年:神野選手

5区

15.8km
太田市役所から桐生市役所

過酷な区間を走り抜けろ!

高低差があり、強い向かい風が吹く最も過酷な区間。4区同様、各チームを代表するランナーがこの区間に集う。

磯松監督の「ここがポイント!」

風と起伏、両方に対応出来るタフさが求められる。ここで勝負を決めたい。

2017年:山本選手

6区

12.5km
桐生市役所から伊勢崎市西久保町

アンカーにつなげる着実な走り

距離は短いものの、起伏とカーブの多い難コース。7区のアンカーのためにも着実なレース運びが求められる。

磯松監督の「ここがポイント!」

場合によっては、この区間が重要なポイントになる。粘りのある選手を起用したい。

2017年:宇賀地選手

7区

15.5km
伊勢崎市西久保町から群馬県庁

勝利を目指し最後の戦いへ!

最後の区間、7区。トップでゴールテープを切るため、アンカーたちの激しいバトルが繰り広げられる。

磯松監督の「ここがポイント!」

実力に加え、勝負所を見極める冷静さも要求される。ラストのキレがあればなお良い。

2017年:野口選手

ページトップへ戻る