KONICA MINOLTA

20カ国語マニュアル作成・共有ソリューション AiLingual

選ばれる3つの理由

AiLingualの特長

01 業務マニュアル作りを、
社内で効率的に進めたいから。

新規作成も改訂も、社内で簡単に作れて、体裁も整えられたらなぁ…。

ベテランのマニュアル担当者が、
異動や退職してしまったら…。

共同編集でスピーディーに

専門家も高度なITスキルも不要です。
業務マニュアルの新規作成ができるのはもちろん、
既存版のマニュアルを取り込んで活用することも可能です。

編集作業は、メンバー全員での同時進行が可能です。誰がどこを編集しているか、どの作業を進めているか、文書の作成内容も一目瞭然です。
ドキュメントの責任者は内容を確認して、編集を完了させることができます。

02 外国語版の業務マニュアルも
社内で作りたいから。

最新の業務マニュアル、英語版も、その他の言語も作りたい。

毎回、翻訳業者に発注するのも大変だし、コストも抑えたい。

自動翻訳とプロ翻訳に対応

簡単な操作で20カ国語以上への翻訳ができる、自動翻訳を標準搭載。
より精度の高い翻訳が必要な場合には、人間によるプロ翻訳をシステムから直接依頼できます。

人間によるプロ翻訳の結果は、翻訳メモリに保存されます。
使えば使うほど、特有の翻訳語が蓄積され、自動翻訳の精度が向上します。

03 作ったら、配って、
理解してもらうことが大切だから。

それぞれの業務マニュアルを、必要とするスタッフへ、確実に配りたい。

マニュアルの内容がちゃんと理解されているか、フィードバックがほしい。

共有もフィードバックもクラウドで

完成した業務マニュアルは、指定する閲覧グループやメンバーへ向けて公開。
閲覧は、パソコンでもタブレットでもスマホでも可能です。
いつでも確実に最新情報だけを届けられます。

閲覧メンバーは、検索機能やしおり機能で、必要な情報へ素早くアクセスできます。
閲覧回数、“いいね”、コメントなどが管理者へフィードバックされる機能もあります。

PAGE TOP

BIC

コニカミノルタは、イノベーションを起こし新しい価値をお客様に提供する組織「Business Innovation Center(BIC)」を世界5拠点に設立しました。
BICは、今まで誰もが実現し得なかった空想的なアイディアをサービスへと進化させ、人々の生活やビジネスに役立つ新しい事業を創造し続ける専門チームです。世界5拠点のうち、 BIC Japanは日本を活動拠点としています。
“Giving Shape to Ideas”というスローガンのもと、我々はよりよい社会作りに貢献します。