カラーマネジメント~色を自在に操る技術~

自然な色再現と滑らかな階調を実現する技術

カラープリントにおいて、色の三原色であるシアン、マゼンタ、イエローとブラックの4色に加えて、レッド、グリーン、ブルーといった特色(hifi color)を組合せることによって、より鮮やかで自然な色再現ができるようになります。

L*a*b表色系の色空間立体イメージ 特色による色域の拡大

しかし色数が増えると、目的の色を導き出すためにカラーインクの組み合わせのパターンが多数発生するため、従来あったUCRやUCAのような単純な方法では階調の連続性が失われやすく、また個々の機器による変動を受けやすいという問題がありました。コニカミノルタでは多色による色再現に早くから着目し、これらの色を適正にコントロールして、広い色域(再現できる色の領域)を実現しながら滑らかな階調を同時に実現する手法に取り組んできました。

パターン1~4のように異なる組み合わせで、同じ色再現結果を得ることができる

同じ色再現結果が得られる幾通りものカラーインクの組み合わせパターンを算出し、機器の特性に応じて、滑らかな階調を再現するのに最適なカラーインクの組み合わせが得られるカラーマネージメントソフトウェアを開発。機器特性の測定から色再現までを一貫した手順で行なうことが可能になりました。このカラーマネジメント技術は現在、テキスタイルインクジェットプリンタに活かされています。

  • UCR:下色除去(Under Color Removal)。シアン、マゼンタ、イエロー、の3色の重なりでグレーになる部分をブラック に置きかえる手法。
  • UCA:下色追加(Under Color Addition)。シャドー部で、シアン、マゼンタ、イエロー各色成分にブラックを加える手法。

ページトップへ戻る