ヘルスケア~医療の現場で「画像診断」を支える、様々な画像診断システムの技術をご紹介します。~

DR(X線画像撮影システム)

[A]低被曝のX線撮影装置

  1. 低被曝のX線撮影装置
    高画質で低被曝、そんな理想を叶える技術
  2. X線自動検出技術「AeroSync」
    場所を選ばないスピーディーなX線撮影
  3. リチウムイオンキャパシタ(省エネ)
    安全、省エネ、頑丈へのこだわり
  4. インテグラル処理
    病院でのX線撮影をスピーディーに
  5. Bone Suppression処理
    肋骨を消して診断しやすく
低被曝のX線撮影装置 X線自動検出技術「AeroSync」 リチウムイオンキャパシタ(省エネ) インテグラル処理 Bone Suppression処理

超音波画像診断装置(エコー)

[A]高画質でコンパクトなエコー

  1. 高画質でコンパクトなエコー
    筋や腱などの細い繊維が見える
高画質でコンパクトなエコー

タルボ・ロー干渉画像撮影装置(研究段階)

[A]タルボ・ロー干渉画像撮影装置※写真は試作機です

  1. タルボ・ロー干渉画像撮影装置
    “軟骨を診る”新たなX線撮影技術
タルボ・ロー干渉画像撮影装置

パルスオキシメーター

[A]脈波計測

  1. 脈波計測
    採血なしで血液中の酸素量を調べる
脈波計測

マンモグラフィー

[A]位相コントラスト技術[B]マンモグラフィー診断支援システム

  1. 位相コントラスト技術
    マンモグラフィを変えた新たな技術
  2. マンモグラフィー診断支援システム
    自動検出技術で乳がんの早期発見をサポート
位相コントラスト技術 マンモグラフィー診断支援システム

高感度免疫測定システム(研究段階)

[A]特定タンパクの高感度検出※写真はイメージです

  1. 特定タンパク質の高感度検出技術
    “より早く、より正確に”がん細胞を光らせて検出
特定タンパク質の高感度検出技術

ページトップへ戻る