ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。電話でのお問い合わせはこちらをご覧下さい。

コニカミノルタビズコムとオートノミー
最先端エンタープライズサーチ製品の販売で業務提携

2011年4月4日
コニカミノルタビズコム株式会社
オートノミー株式会社

コニカミノルタビズコム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:山田 恭、以下 コニカミノルタ)とオートノミー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:熊代 悟、以下 オートノミー)は、オートノミーの世界最先端エンタープライズサーチ製品「IDOL(Intelligent Data Operating Layer)」プラットフォームの販売パートナー契約を締結し、技術・販売面において業務提携いたしました。また、今回の業務提携を通じて、この度両社共同で大手製造業より同製品の受注を完了いたしましたので、お知らせいたします。

今後20年間で世界のデジタル情報は約44倍に膨れ上がると言われている*ように、情報量が爆発的に増加している現在、情報管理の徹底は企業の大きな課題となっています。さらに、eメールやドキュメント、サイト情報をはじめとした社内情報の80%以上を占めるとされている非構造化データの管理・運用の自動化による効率性向上は、企業競争力強化の視点からもますますその重要性が高まっています。

* 出典:米IDC(2010年5月)

「IDOL」は、サーチ対象として標準で構造化データ・非構造化データを問わず1,000種類以上のデータ形式、150カ国の言語、数百万~数十億の文書量に対応し、優れたスケーラビリティとスピーディーな処理能力に定評があり、世界で20,000社の導入実績を誇ります。「IDOL」を導入すれば、各種データの適切な管理・運用の自動化によりコスト削減を実現する一方で、各従業員により作成され企業内にさまざまな形式で存在する文書データの一元的な活用を支援することで、日々の業務生産性を飛躍的に向上させることが可能です。

両社は今回の業務提携を通じて、「IDOL」プラットフォームを、国内およびグローバルに事業を展開している製造業、金融業、その他の業種で、情報管理・活用の課題を抱える日本企業向けに提供すべく、共同販売推進体制を構築して参ります。具体的には、両社のメンバーで構成されるIDOL専任チームをコニカミノルタ内に設置し、販売、システム構築・保守を推進します。
これにより、初年度は、すでに「IDOL」を受注した大手製造業を含めて10社への「IDOL」導入を目指して参ります。

コニカミノルタは、今後もオフィスユーザーの生産性を大きく向上させるソリューションの提供に努めてまいります。オートノミーにおいては、当業務提携を中核として、製造業、金融、公共向けビジネスをはじめ全業種への「IDOL」プラットフォーム導入展開を加速していきます。

「IDOL(Intelligent Data Operating Layer)」プラットフォームについて

オートノミーが提供する、画像、映像、音声、eメール、ドキュメント、プレゼンテーション資料など、企業内外に存在する非構造化データの意味やコンセプト、文脈を理解、分析、自動処理するソリューション。
コンセプト検索プラットフォームとして世界で20,000社に採用され、17ペタバイト(約百億ドキュメント数)のデータ管理実績を誇り、企業や組織の生産性向上、コスト削減に貢献しています。

コニカミノルタビズコム株式会社について

コニカミノルタビズコム株式会社は、コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社、コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社、株式会社シーイーシーの3社による合弁会社として2008年に設立されました。文書管理ソリューション、Webソリューション、ITサービス、マーケティングサービスを軸に、「お客様のITコンシェルジェ」となり、お客様と同じ目線でさまざまな困りごとをワンストップで解決します。
さらに詳しい情報は http://bcj.konicaminolta.jp をご覧ください。

オートノミー株式会社について

オートノミー株式会社は、オートノミー本社の100%出資の日本法人として、2006年に設立されました。エンタープライズ検索、アーカイビング、 記録管理や統制、Webコンテンツ管理、Webサイト最適化、リッチメディア管理やビデオ・オーディオ分析等のソリューションの販売、サポートを日本市場向けに展開しています。

AutonomyはAutonomy Co. plcの登録商標です。その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標です。

ページトップへ戻る