コニカミノルタ

コニカミノルタについて

人事制度

基本的な考え方

「コニカミノルタフィロソフィー」の図

世界各地に拠点をもちグローバルに事業を展開するコニカミノルタでは、さまざまな国籍、言語、バックグラウンドをもつ従業員が活躍しています。これら多様な個性をもった人財が、「コニカミノルタフィロソフィー」のもとで、価値観を共有し、緊密に連携し、お客さまと社会に、全力で貢献することを最大の目標とすることが、企業の競争力の源泉となります。このためコニカミノルタでは、考え方や専門性の多様性を尊重し、人財の育成と活用をグローバルな視点で実践することで、社会に新しい価値を創造し続ける企業となることを目指しています。また、従業員一人ひとりが心身ともに健康な状態で活躍できる環境づくりのため、労働安全衛生の向上をグループ共通の課題として取り組んでいます。

コニカミノルタでは、“従業員は財産である”という想いから、人「財」と表記しています。

評価制度について

能力・成果主義を推進する

コニカミノルタの人事制度は、「社員の能力と仕事へのやりがいを大きくし、常に成長し続ける人財を尊重し、育成する」という考え方のもと、年功要素を排除し、社員の能力・成果が公平に評価されて昇格や昇給に結びつくしくみとなっています。
つまり、全員に自己実現のチャンスがある一方、社員としては「能力発揮と成果」が問われるという、公正・公平であって緊張感を持ったしくみです。
そのために社員の能力発揮レベルに応じた「職能グレード」を設定し、グレードに応じた評価・育成・処遇を徹底しています。また、イノベーションコースという「成果反映度が高く、自由な働き方ができる」コースを設定し、より高い目標にチャレンジしていく人が大きなやりがいをもって仕事に取り組める環境を提供しています。
これらのしくみがコニカミノルタを「チャレンジャブルな人財集団」にしているのです。

職能グレードとイノベーションコース

「職能グレードとイノベーションコース」の図

人財活性化の
促進について

従業員の能力発揮の機会を拡大

人財公募制度・FA制度

コニカミノルタでは、会社主導の人財配置を補完する仕組みとして、従業員自らの意志で異動にチャレンジする「人財公募制度」と「FA(フリーエージェント)制度」を導入しています。これらは、自己のキャリア開発に積極的にチャレンジする人財の創出と、チャレンジ精神を尊重する風土の醸成をねらいとしています。
「人財公募制度」は、人財を求める部門の募集に従業員が自らの意志で応募するものです。
また、「FA制度」は、従業員自身がチャレンジしたい職種や職場をイントラネットに登録、人財を求める部門がその情報を見て面接を申し込み、双方の希望が合えば異動が成立する仕組みです。
これらの制度の継続により、グループ横断的な人財の流動化を図るとともに、自律的なキャリア開発を支援していきます。

教育制度について

様々な教育プログラムで多才な人財を育成

コニカミノルタは、社員一人ひとりが「自らの価値を高める姿勢」「常に自己変革を追及する姿勢」を持って主体的に行動することを期待しています。能力・成果主義を有効に機能させるため、職場での仕事を通じた実践の場(OJD:On The Job Development)による能力開発を基本としながら、「階層別研修」や各種の「知識・スキル向上研修」はもちろんのこと将来コニカミノルタを担う人財育成のための「戦略的育成プログラム」など、Off-JD(Off The Job Development)としても様々な教育プログラムを用意しています。コニカミノルタの能力開発システムは、自己の成長を求める姿勢と、成長の機会を支援するための体系的な仕組として構成されています。

コニカミノルタカレッジ

一人ひとりの成長に応じて、社員全員が受講できるスキルアッププログラムです。
「ビジネススキル系」「技術系」「eラーニング」など約150コースの選択型プログラムを用意しています。コニカミノルタカレッジでは、全社員が教育研修サイト(ホームページ)にアクセスし、必要なスキル研修が受講できる仕組を提供しています。

きめ細かな新入社員フォロー

コニカミノルタカレッジ等、人財育成体系で用意された様々なプログラムの受講はもちろんのこと、新入社員については、入社後、一年間を個別の育成期間と位置づけ、きめ細かな対応をしています。入社直後に、半月程度実施される導入研修をはじめとして、各事業や各技術分野に分かれた豊富な研修を用意しています。
また個別育成充実のため、メンター(先輩社員による指導担当者・後見人的位置づけ)制度を導入しています。メンターのもと、課題が設定され、計画的に業務を進めることが出来ます。一年後にはその成果を発表する場も用意されており、コニカミノルタパーソンとして、大いなる成長を実感して頂けます。メンターを中心に、新入社員の皆さんを支援・応援をしていきます。

チャレンジ技術者フォーラム

自ら手を挙げた若手技術者の中から選抜し、約1年にわたって実施する育成プログラムです。社外の熱き技術者・一流の専門家の講演等のセッション、異業種交流、経営メンバーとのミーティングなどさまざまな育成メニューに取り組むとともに、将来的な技術テーマの探索を行い、各事業・各技術分野の人の交流を通じて、将来の技術リーダーを育成します。

キャリアデザイン研修

各自の目指すキャリア・将来像実現のため、節目となる年齢(30歳・40歳・50歳・55歳)で研修を実施しています。研修後、フォロー面談も行い、個人の自己実現を支援しています。

コニカミノルタの人財育成体系

「コニカミノルタの人財育成体系」の図

グローバル化
施策について

真のグローバル企業を目指す

コニカミノルタの海外売上比率は80%です。社員一人ひとりがグローバルな視点を持ち、世界の市場競争に対応するめに、真のグローバル化に向けた取り組みを行っています。

グローバルなプラットフォームを活用し、人財育成と活用を推進

人財総合力のレベルアップを図るため、人財育成と活用のためのプラットフォーム(仕組み・ツール・考え方)」を構築し、グローバル・リージョン・各社の役割をそれぞれ明確にして、「One Konica Minolta」として人財の育成と活用を図っています。グローバル統一での評価基準でグループ幹部人財の評価を行い、強み・課題を明確化しながら適所適材の人財育成や、後継者育成を進めています。

英語力向上ワークショップ

グローバルに活躍できる人財の育成を目指し、社員の英語学習の動機付けと学習をサポートする短期集中英語学習プログラムを実施しています。参加者の学習法を分析・適切な学習ツールを提供し、またスタディ・チームを組むことで英語学習の継続と定着を支えています。受講者それぞれがより高い目標を掲げグローバル化や英語学習に取り組むためのきっかけの場となっています。また、教材や勉強方法の紹介等を通しその後の学習サポートも行なっています。

グローバル幹部育成プログラム

コニカミノルタグループがグローバルなOne Companyとして強く成長するために、世界のグループ会社の幹部を対象にしたプログラムで、経営トップ自らによる経営方針や戦略の説明、グローバルマインドとリーダーシップ開発研修を行います。プログラム終了後も、参加者同士や経営トップとの人的ネットワークをグローバル視点での経営や他事業との連携に役立てています。
また、次のグローバル幹部育成のため、リージョン毎にマネジャーを対象とするリーダーシップ開発研修もスタートしています。

女性の活躍を応援する制度と取組み

ワーク・ライフ・バランスを実現いただく為の、様々な取り組みを行っています

出産・育児支援|妊娠前

  • 不妊治療の入院・通院・療養時にストック休暇(※1)を利用する事ができます。
  • 不妊治療費用、婦人科検診費用など、カフェテリアプラン(※2)で補助が受けられます。

妊娠・出産・産後期

  • 男性従業員は、妻の出産時に5日間の有給の休暇(年次有給休暇とは別設定)を取得できます。
  • 産前産後の母性保護の為の休暇・休憩に対しても、充実した賃金補償(80%保障)を行っています。

育児期

  • 育児休職は、男女問わず最長で2年間取得する事が可能です。また、ストック休暇を充当する事ができ、一定期間、有給で安心して育児に専念する事が可能です。
  • 男女問わず子どもの小学校卒業まで短時間勤務(最大2時間の就業時間の短縮)をする事ができます。
  • 男女問わず子どもの小学校卒業まで、在宅勤務を選択できる制度があります。
    ※在宅勤務利用者:23名(2015年度)
  • 男女問わず子どもが学級閉鎖になった場合、ストック休暇を利用できます。
  • 家族一人に付き1年間に5日の家族看護休暇制度があります。(上限20日まで)
    ⇒病気の家族の看護、子どもの予防接種や健康診断・学級閉鎖時に取得できます
  • その他、様々な出産・育児関連サービスを充実させています。
    • ベビー用品の購入・レンタル割引、費用補助
    • 保育所やベビーシッターの優待割引、費用補助
    • 大手学習塾・家庭教師の入会金・授業料割引など

従業員データ(2016年4月時点、単体)

従業員数 平均勤続年数
女性従業員数 1,189名 22.8年
男性従業員数 5,912名 20.9年
合計 7,101名 21.2年

このように働くための充実した制度を整え、実際に利用できる環境があるため、
コニカミノルタでは性別問わず、継続して働くことができます。

厚生労働省の「くるみん」認定を取得

「くるみん」ロゴ

コニカミノルタは、次世代育成支援対策推進法に基づき、策定した行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした「子育てサポート企業」に与えられる「くるみん」の認定を、厚生労働大臣から受けています。

「えるぼし」認定企業最高ランクに選定

「えるぼし」ロゴ、

厚生労働省認定の「えるぼし」は、女性活躍推進法に基づき、採用、継続就業、労働時間等5つの項目で評価されます。コニカミノルタは全ての基準を満たしたことで、最高ランク(3つ星)の認定を受けました。

※1
ストック休暇・・・有効期間内に使い切らなかった年次有給休暇を積立て、長期の入院治療やボランティア等の特定の事由に限って有給で利用する事ができる休暇制度。(年次有給休暇は2年で失効しますが、最大40日まで積立が可能です。)
※2
カフェテリアプラン・・・一定の補助額の中で、従業員個々が自身のニーズに応じて、自己啓発や福利厚生のメニューを選択できる制度。

ページトップへ戻る