コニカミノルタ

コニカミノルタについて

KONICA MINOLTA
Recruiting Information 2018

よくあるご質問

  • すべて開く
  • すべて閉じる

採用について

Q1採用のステップを教えてください。

選考プロセスについては2017年3月以降にマイページにてご案内していきます。

Q2理工系の学科に所属していますが、文系職種への応募はできますか?

もちろん可能です。その場合、文系の方と同じように試験を受けていただきますので、特に不利になるということはありません。是非積極的にチャレンジして下さい。

ただし、併願はできませんので、ご了承ください。

Q3既に卒業しているのですが、応募はできますか?

既卒の方も応募可能です。ただし、募集資格の「2018年4月に入社可能な方」「正社員としての就業経験がない方」という条件を満たしている事が必要となります。

Q4海外大生の採用について教えてください。

日本で行う選考に参加できる方は、通常の選考に参加して下さい。帰国予定がなく参加できないという方は、別途お問い合わせフォームよりご相談ください。

Q5外国人留学生の採用はおこなっていますか?

外国人留学生の方ももちろん選考に参加可能です。特別な選考プロセスなどはございませんので、弊社の新卒採用HPのマイページより、通常の選考にご応募下さい。

Q6コニカミノルタにはどのような職種がありますか?また出身学科は関係ありますか?

技術系では、研究開発、生産技術、製品評価などの職種があります。出身の専攻分野は、化学系、材料系、物理系、光学系、機械系、電気・電子系、情報系、経営工学系、薬学系など多岐にわたります。事務系の職種としては、営業、企画管理、生産管理、法務、人事、経理などがあります。出身学科は文系全般の幅広い学科です。ただし、上記にもあるように理工系の学科の方でも応募はもちろん可能です。

Q7採用において、学生のどのような点を重視しますか?

  • 学生時代、どんなことに力を注いできたか
  • コニカミノルタで何をやりたいのか

まずは、この2つをしっかり考えて下さい。また、そこに何かつながりがあれば、そのつながりを自分なりに明確にしておいてほしいと思います。コニカミノルタという前に、まず、将来どんなことをやりたいか、10年後の自分はどうありたいか、そんなことをしっかり考えることが大切ではないでしょうか。

Q8OB・OGの方に会うことはできますか?

大変申し訳ございませんが、個別でのOB/OGのご紹介はしておりません。

Q9勤務地は選択できるのでしょうか?

どの部署でどんな仕事をするのかによって勤務地は変わります。まずコニカミノルタでどんな仕事をやりたいのかを考えてください。また、入社後に勤務地が変わることもあります。

Q10海外勤務のチャンスはありますか?

コニカミノルタの海外売上高比率は、80%。年次に関わらず、海外勤務のチャンスはたくさんあります。現在、約260名の社員が駐在をしています(割合としては、事務系の方の方が多いです)。また出張で海外へ行く機会というのは事務系社員、技術系社員ともに多数あります。

制度について

Q1コニカミノルタの人財に対する考え方を教えてください。

コニカミノルタでは、“従業員は財産である”という想いから、「人財」という表記をしています。多様な個性をもった人財が、「コニカミノルタフィロソフィー」のもとで価値観を共有することで、社会に新しい価値を創造し続ける企業を目指しています。

Q2人事制度の概要を教えてください。

コニカミノルタの人事制度では、従業員の能力とやりがいを極大化し、常に成長し続ける人財の尊重・育成の考え方のもと、年功要素を排除し、能力・成果に応じて昇格・昇給する実力主義を徹底しています。また、イノベーションコース(裁量労働制)という、成果反映度の高いコースを設定し、チャレンジャブルな人財集団を形成しています。

Q3他部署への異動はあるのでしょうか?

事業をまたいでの他部署への異動も行っており、社内全体で異動がよりスムーズにできるように、人財公募制度とFA制度を取り入れています。また、異動については、長期的な視点での本人のやる気と成長に結びつくことを最も重視しています。

Q4年間の休日数はどのくらいですか?

年間休日は125日となっています。(閏年は126日)年末年始、夏休みは、連続7日間以上の休日となります。その他、有給休暇が15-20日/年ありますので、長期休暇や有給休暇を利用して海外旅行へ行く人も多いようです。

Q5イノベーションコース(裁量労働制)について教えてください。

従業員個々人の「やりがい」の多様化に対応するとともに、仕事の進め方を大幅に本人に任せることで、チャレンジャブルな人財集団を形成することを目的に設定されています。コース選択者(本人選択・会社認定)は、チャレンジャブルな目標を設定し、その成果に対して、より成果反映度を高めた賞与が支給されるしくみとなっています。勤務制としては、業務遂行を本人へ大幅に委ね、任せることのできるしくみとして裁量労働制を適用しています。対象職種は研究開発や企画部門が中心で、選択は新卒入社から2〜5年程度より可能となっています。現在、対象層の約2/3の従業員がイノベーションコースを選択しています。

Q6フレックスタイム制、裁量労働制、について教えてください。

まず、おもな勤務地の勤務時間は下記の通りです。

【所定労働時間】7時間40分
  • 丸の内、浜松町 : 9:15-17:40(休憩45分)
  • 西本町(大阪) : 9:00-17:25(休憩45分)
  • 各サイト : 8:30-17:10(休憩60分)

なお、多くの社員は、フレックスタイム制を利用しています。また、オフィス外での仕事が多い営業社員はみなし労働時間制、研究開発や企画部門などの一定基準に達した社員は裁量労働制を選択することができ、自分のペースに合わせた時間の使い方が可能です。なお、裁量労働制はイノベーションコースと一体化した勤務制です。

Q7残業・休日出勤はありますか?

業務都合上、やむを得ず残業・休日出勤することはありますが、その場合は、フレックスタイムの利用や代休を取得することが多いです。例えば、技術系社員の場合、製品開発のスケジュールの都合上、時には夜遅くまで仕事をすることもあります。ただ、イノベーションコース(裁量労働制)を選択する場合、時間外労働の管理(深夜・休日の労働を除き)は原則本人に任されます。これからは、時間という概念よりも、仕事、成果という概念を重視する方向になっていくと考えています。

Q8育児や介護と仕事の両立を支援するための制度はありますか?

育児休業制度・介護休業制度があります。
コニカミノルタは、少子化と次世代育成の問題への取り組みとして「働く女性だけでなく男性にも仕事と家庭が両立できる環境づくり」を念頭に、「人事制度検討委員会」にて、会社とコニカミノルタ労働組合とで協調の上、これらの制度の定着と今後の計画推進について活動を進めています。
育児休業制度については、毎年数十人の社員がこの制度を利用していますし、職場復帰をした後も、短時間勤務制度や在宅勤務制度を活用している社員もいます。
育児や介護の必要のある人も、安心して仕事に取り組んでいただくことができる環境です。

福利厚生について

Q1独身寮はありますか?

独身寮はあります。新入社員については、入社前に希望を出して頂いた方については、原則全員入寮ができます。費用も2万円前後と安く、周りに仲間がいるので、安心して社会人生活を送っていただくことができるかと思います。また、転勤により転居が必要な場合には、会社から借上社宅が提供されます。

Q2カフェテリアプランとはどういう制度ですか?

カフェテリアプランとは「選択型の福利厚生制度」です。毎年均等に付与されるポイントの枠内で、複数のメニューの中から、自由に福利厚生メニューを選択できるしくみとなっています。特にコニカミノルタのカフェテリアプランでは、従業員が自律・成長するための支援を目的としており、主なメニューとしては、スクール費用・語学費用・専門図書購入などの自己啓発支援を中心に、仕事と家庭の両立支援・健康増進などのメニューを設定しています。

Q3厚生施設などについて教えてください。

割引で利用できる施設や保養所などがあります。またカフェテリアプランの提携先として、リゾート宿泊施設、自己啓発教育、育児介護、健康・ケアの施設利用の割引利用を受けることができます。特に、フィットネスクラブは全国1,000カ所がワンコイン(500円)で利用出来ます。

研修制度について

Q1入社までの間の教育はどのようなものがありますか?

内定式以降に、ビジネス基礎やこれからのビジョン形成など、社会人生活の準備をして頂きますが、もちろん、残りの学生生活を悔いなく過ごして頂くことが最も大切だと考えています。

Q2新人研修はどのようなものですか?

導入研修として、入社してから約2週間は、新入社員全員が集まって、ビジネスパーソンとして必要な知識、仕事の進め方の基礎などを習得して頂きます。その後は、技術系の方は、各種技術系実習、特許実習などにより、技術者としての基礎固めをします。事務系の方は、配属先の仕事状況に応じて体験しながらビジネスの基礎を計画的に学びます。また、個別育成充実のため、メンター(先輩社員による指導担当者・後見人的位置付け)制度を導入し運営しています。新入社員一人ひとりにマンツーマンでメンターがつき、計画的かつ日常的にサポートしているため、安心して社会人生活一年目を送っていただくことができると思います。

Q3入社後の研修はどのようなものですか?

一人ひとりの成長に応じて、社員全員が受講できるスキルアッププログラム「コニカミノルタカレッジ」があります。「ビジネススキル系」「技術系」「eラーニング」など約150コースの選択型プログラムを用意しており、全社員が教育研修サイトにアクセスし、必要なスキル研修が受講できる仕組みを提供しています。また、若手技術者が主体的に参加し、自己研鑚している「チャレンジ技術者フォーラム」や、新しいビジネスの創造と変革を推進する次世代のリーダーを創出する長期的な「ビジネスリーダープログラム」など、コニカミノルタのコア人財を育成・輩出していくシステムが充実しています。

ページトップへ戻る