コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

研究開発セグメントと事業戦略の方向性

当社グループの研究開発セグメントは、各社製品開発のための事業分野毎のセグメントと当社グループ全体のためのセグメントに分かれています。後者のセグメントでは共通基盤技術の深耕や将来事業の創出などの研究開発が行われています。

下表は、研究開発セグメント毎に、担当する会社と事業戦略の方向性を示したものです。

研究開発セグメント 事業会社・共通機能会社 事業戦略の方向性
情報機器分野 コニカミノルタ
ビジネステクノロジーズ
株式会社
カラーMFPやプロダクションプリント*3分野でトップポジションを目指す「ジャンルトップ戦略」を推進する。
オプト分野 コニカミノルタオプト株式会社 ブルーレイ用ピックアップレンズや液晶ディスプレイの視野角拡大フィルムなど、時代をリードする先進技術を次々に実用化する。
メディカル&グラフィック分野 コニカミノルタエムジー株式会社 デジタル化が加速する医療・印刷の分野に最先端の画像処理技術を結集したソリューションを提供し、新たな価値を創出する。
計測機器分野 コニカミノルタセンシング
株式会社
光学・画像処理技術を結集した高精度計測機器を通じて、各種産業に不可欠な品質管理や計測データの精度向上に貢献する。
産業用インクジェット分野 コニカミノルタIJ株式会社 材料技術・精密加工技術を活かして、急速に拡大する産業用途インクジェットプリンター市場において、事業を拡大する。
プラネタリウム分野 コニカミノルタ
プラネタリウム株式会社
世界有数のプラネタリウムの総合メーカーとして、最新技術を駆使した機器やコンテンツを提供する。
共通基盤技術・先端技術分野 コニカミノルタ
テクノロジーセンター
株式会社
グループの研究開発中枢として、全社に関わる共通基盤技術の深耕と、最先端技術の開発による新事業の創出を推進する。

研究開発費

当社グループの2008年度における研究開発費は、対前年度比微増の818億円となりました。

当年度後半における世界的な景気後退の影響で当初計画よりも投資は抑制しましたが、中核事業である情報機器分野は前年度並みを維持し、戦略事業であるオプト分野と新事業の創出(上図の「その他」)に関しては、引き続き増加させました。

*3
大企業の社内印刷部門やプリントショップなどを対象とした印刷

ページトップへ戻る