コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

知的財産の取得・管理、営業秘密管理・技術流出防止に関する方針

当社グループは、知的財産が重要な経営資源の一つであるとの認識のもと、事業に有益な資産形成及び保有権利の有効活用を積極的に進めております。また、従業員の発明創作意欲に対するインセンティブアップを図るため、2005年度に新たな「工業所有権管理規程」を策定し運用しています。この規程は、発明補償に関する従業員から会社に対する訴訟数の増加という最近の世間動向にも対応したものです。

自社内で創出したノウハウ等の秘密情報は重要な技術資産を形成し、意図せざる情報開示は自社技術の優位性を毀損し事業の健全な発展を阻害することにもなりかねません。また、秘密保持義務を負うことを前提に他社から開示を受けた秘密情報は同様に他社の重要な技術資産であり、その漏洩は当社グループの信頼を損なうだけではなく様々な法的問題に発展します。当社グループは、「機密情報管理規程」を制定し、自他社秘密情報の漏洩防止を徹底する体制を構築しています。

 さらに、知的財産の取得・管理を担う人材の育成にも力を注いでいます。各種団体が主催する研修・教育機会の活用はもちろんのこと、外国の法制度の理解を深めながら現地知的財産業務の強化及び環境整備を行う目的で、中国に知的財産センター員を駐在させています。

ページトップへ戻る