コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

特許群の事業への貢献

当グループは、事業に有益な資産の形成を図るため、事業戦略に則した資源配分に基づき、計画的な特許出願と特許取得を推進しています。その結果として、当グループの2004年(2004年1月1日~2004年12月31日)の日本公開件数、米国登録件数は下表のとおりとなっており、日本の公開件数では昨年度比約8%増、米国登録件数では約10%増となっています。また、当グループ特許保有件数は2005年3月末現在、日本:約6500件、米国:約5900件となっており、研究開発活動の成果が着実に資産として形成されています。

2004年日本特許 公開件数 ※1 2004年米国特許 登録件数 ※2
件数 4,417件 404件
順位 12位 50位(日本企業15位)
※1
当社独自調査データによる。
※2
Intellectual Property Owners Association(URL:http://www.ipo.org/)のデータに基づき、コニカ株式会社及びミノルタ株式会社の数値を合算して算出(昨年と同じ)。

計画的な特許出願・特許取得の一例として、情報機器事業では、事業戦略上重要技術である重合法トナーについては、出願強化施策を継続的に推進しており、下図に示すように、国内および大口市場である米国において着実に特許権を蓄積して、事業を強力にサポートしています。

重合法トナー関連の登録及び公開特許件数

重合法トナーに特定されない関連出願を含めると、日本公開累積件数は700件を超えます。

また、オプト事業では、事業戦略に則して、外国への出願を強化してきた結果、下図に示すように、日本のみならず、米国やその他の国・地域においても多くの特許を取得し、事業の海外展開を強力にサポートしています。

オプト事業関連の登録特許件数

ページトップへ戻る