コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

特許群の事業への貢献

当社グループは、研究開発と密着した発明リエゾン活動、適正な発明評価、補償金の支給などの発明報奨制度により、グループをあげて知的財産の積極的な創出と確保を行っています。

こうした努力が結実し、当社グループの2003年国内特許公開件数は4096件、ランキングは12位(※1)と、当社グループの活発な研究開発活動を具現化しています。

国内特許公開件数ランキング

さらに、電機、精密、電子分野などの企業群を網羅した「発明者1人当たりの発明件数企業ランキング(2003年)・電機系」によると、発明者1人当たりの発明件数は5件で、上記企業群の中、第一位となっています(出典:株式会社ダイヤモンド社「IP & Technology 2004-5」)。

当社グループは、長年にわたり質の高い知的財産の積極的な創出と確保を続けた結果、2004年3月31日現在で、国内において、約6,600件の登録特許を保有しています。

また、当社グループは、海外に多数の生産・販売拠点を有し、グローバルな事業展開を積極的に進めています。こうした事業展開と歩調を合わせて、当社グループは、海外においても積極的な知的財産権の取得に努めています。中でも主要な市場である米国では、質の高い知的財産活動の結果、2003年における米国登録特許件数は367件、ランキングはワールドワイドで55位(※2)(日本企業中17位(※2))となっています。

※1
株式会社ダイヤモンド社「IP & Technology 2004-4」のデータに基づき、旧コニカ株式会社と旧ミノルタ株式会社の国内特許公開件数を合算し、その合算件数を用いて弊社にてランキングした順位
※2
Intellectual Property Owners Association(ホームページ:http://www.ipo.org/)のデータに基づき、旧コニカ株式会社と旧ミノルタ株式会社の米国登録特許件数を合算し、その合算件数を用いて弊社にてランキングした順位

当社グループは、2004年3月31日現在で、約5,300件の米国登録特許を保有しており、これらを戦略的に活用することにより事業に貢献しています。

事業別米国登録特許の保有シェア

当社グループは伝統的な事業分野を含めて、全事業分野で多くの米国登録特許を保有し、活用しています。この中でも、中核事業である情報機器事業と戦略事業であるオプト事業は、当社グループ全体の業績を牽引する役割を果たしており、これらの事業に対して戦略的な知財投資を積極的に行っています。

この結果、上図に示されるように、情報機器事業とオプト事業は、2004年3月31日現在で、当社グループが保有する米国登録特許の過半数のシェアを占めています。

重合法トナー分野の国内特許公開件数の年次推移

情報機器の分野では、高画質、高速、環境に優しいなどの特徴を有する重合法トナーについて、最近各社が一斉に研究開発に取り組んでいます。

当社グループは、この重合法トナー技術について早くから注目し、出願強化施策を推進しています。この結果、上図に示されるように、当社グループの重合法トナー分野の国内特許公開件数は、継続的に増加しており、当社グループの複写機・プリンターの技術優位性を築くとともに、将来にわたり、情報機器事業を支える有力な特許群を形成しています。

ページトップへ戻る