コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2009年(平成21年)3月期
コニカミノルタホールディングス 第2四半期決算短信

1.平成21年3月期第2四半期の連結業績(平成20年4月1日〜平成20年9月30日)

(1)連結経営成績(累計)

(%表示は対前年同四半期増減率)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期
純利益
(百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%)
21年3月期第2四半期 532,971 - 48,670 - 47,877 - 29,279 -
20年3月期第2四半期 524,958 6.3 57,059 23.3 54,670 21.9 37,644 67.2
  1株当たり四半期純利益
(円 銭)
潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
(円 銭)
21年3月期第2四半期 55.19 52.08
20年3月期第2四半期 70.93 66.97

(2)連結財政状態

  総資産
(百万円)
純資産
(百万円)
自己資本比率
(%)
1株当たり純資産
(円 銭)
21年3月期第2四半期 973,855 447,794 45.9 842.27
20年3月期 970,538 418,310 43.0 786.20

(参考)自己資本 21年3月期第2四半期:446,716百万円  20年3月期:417,166百万円

2.配当の状況

(基準日) 1株当たり配当金
第1
四半期末
(円 銭)
第2
四半期末
(円 銭)
第3
四半期末
(円 銭)
期末
(円 銭)
年間
(円 銭)
20年3月期 - 7.50 - 7.50 15.00
21年3月期 - 10.00      
21年3月期(予想)     - 10.00 20.00

(注)配当予想の当四半期における修正の有無:無

3.平成21年3月期の連結業績予想(平成20年4月1日〜平成21年3月31日)

(%表示は対前期増減率)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
(円 銭)
(百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%)
通期 1,035,000 △3.4 80,000 △33.1 76,000 △27.1 42,000 △39.0 79.18

(注)連結業績予想数値の当四半期における修正の有無:有

4.その他

(1)
期中における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動):有
新規 - 社      除外 1社(社名 Konica Minolta Manufacturing U.S.A.,INC.)
(注)詳細は【定性的情報・財務諸表等】4.その他をご覧ください。
(2)
簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用:有
(注)詳細は【定性的情報・財務諸表等】4.その他をご覧ください。
(3)
四半期連結財務諸表作成に係る会計処理の原則・手続、表示方法等の変更(四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更に記載されるもの)
<1>会計基準等の改正に伴う変更:有
<2> <1>以外の変更:有
(注)詳細は【定性的情報・財務諸表等】4.その他をご覧ください。
(4)
発行済株式数(普通株式)
<1>期末発行済株式数(自己株式を含む)
      21年3月期第2四半期 531,664,337株    20年3月期 531,664,337株
<2>期末自己株式数
      21年3月期第2四半期 1,290,209株    20年3月期 1,055,317株
<3>期中平均株式数(四半期連結累計期間)
      21年3月期第2四半期 530,528,662株    20年3月期第2四半期 530,696,562株

業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項

  • 当連結会計年度より「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号)及び「四半期財務諸表に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第14 号)を適用しております。また、「四半期連結財務諸表規則」に従い四半期連結財務諸表を作成しております。
  • 本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等 は様々な要因により大きく異なる可能性があります。 業績予想の前提となる条件等については、【定性的情報・財務諸表等】3.連結業績予想に関する定性的情報をご覧ください。

ページトップへ戻る