コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2007年(平成19年)3月期
コニカミノルタホールディングス 中間決算短信

平成19年3月期 中間決算概況(連結)

平成18年11月2日
上場会社名 コニカミノルタホールディングス株式会社
コード番号:4902
(URL:http://konicaminolta.jp)
上場取引所:東・大
本社所在都道府県:東京都
代表者 代表執行役社長  太田 義勝
問合せ先責任者 広報宣伝部長  小林 右樹
TEL:(03)6250-2100
決算取締役会開催日:平成18年11月2日
米国会計基準採用の有無:無

1.18年9月中間期の連結業績(平成18年4月1日~平成18年9月30日)

(1)連結経営成績

(注)金額は百万円未満を切り捨て

  売上高 営業利益 経常利益
(百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%)
18年9月中間期 493,950 △4.6 46,260 17.4 44,854 27.3
17年9月中間期 517,598 △3.3 39,408 21.2 35,245 25.1
18年3月期 1,068,390   83,415   76,838  
  中間(当期)純利益 1株当たり
中間(当期)純利益
潜在株式調整後1株当たり
中間(当期)純利益
(百万円) (%) (円) (銭) (円) (銭)
18年9月中間期 22,508 42 40 42 39
17年9月中間期 △3,482 △6 56
18年3月期 △54,305 △102 29
(注)
 
(1)
持分法投資損益:18年9月中間期 24百万円 17年9月中間期 △682百万円 18年3月期 △2,507百万円
(2)
期中平均株式数(連結):18年9月中間期 530,812,917株 17年9月中間期 530,925,770株 18年3月期 530,898,148株
(3)
会計処理の方法の変更:無
(4)
売上高、営業利益、経常利益、中間(当期)純利益におけるパーセント表示は、対前年中間期の増減率を示しております。
(5)
前年同期(前期)の潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益は、中間(当期)純損失となったため記載しておりません。

(2)連結財政状態

  総資産
(百万円)
純資産
(百万円)
自己資本比率
(%)
1株当たり純資産
(円) (銭)
18年9月中間期 925,180 318,335 34.2 595 25
17年9月中間期 949,949 336,862 35.5 634 50
18年3月期 944,054 293,817 31.1 553 50
(注)
 期末発行済株式数(連結):
18年9月中間期 530,789,209株 17年9月中間期 530,905,682株 18年3月期 530,839,213株

(3)連結キャッシュ・フローの状況

  営業活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
投資活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
財務活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
現金及び現金同等物
期末残高
(百万円)
18年9月中間期 26,898 △26,745 △9,268 72,222
17年9月中間期 37,213 △25,707 △7,505 64,175
18年3月期 78,924 △43,146 △16,850 80,878

(4)連結範囲及び持分法の適用に関する事項

連結子会社数122社  持分法適用非連結子会社数11社  持分法適用関連会社数3社

(5)連結範囲及び持分法の適用の異動状況

連結 (新規)6社 (除外)8社       持分法 (新規)-社 (除外)-社

2.19年3月期の連結業績予想(平成18年4月1~平成19年3月31日)

(1)連結経営成績

(注)金額は百万円未満を切り捨て

  売上高
(百万円)
経常利益
(百万円)
当期純利益
(百万円)
通期 1,006,000 90,000 46,000

(参考)1株当たり予想当期純利益(通期)86円66銭

(注)
上記及び添付資料に記載した業績予想は、本資料の発表日現在における将来に関する前提・見通し・計画に基づ く予想であり、リスクや不確定要素を含んだものです。実際の業績は様々な重要な要素により、大きく異なる可 能性があります。なお、上記業績予想に関する事項は、決算短信添付資料1を参照してください。

ページトップへ戻る