コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2006年(平成18年)3月期
コニカミノルタホールディングス 第3四半期決算短信

平成18年3月期 第3四半期財務・業績の概況(連結)

平成18年2月1日
上場会社名 コニカミノルタホールディングス株式会社
URL:http://konicaminolta.jp
(コード番号:4902 東証・大証第1部)
代表者 代表執行役社長  岩居 文雄
問合せ先責任者 広報宣伝部長   小林 右樹
TEL:(03)6250-2100

1.四半期財務情報の作成等に係る事項

(1)会計処理の方法における簡便な方法の採用の有無 : 有 (内容は添付資料に記載)

(2)最近連結会計年度からの会計処理の方法の変更の有無 : 無 (内容は添付資料に記載)

(3)連結及び持分法の適用範囲の異動の有無 : 有

連結(新規) 6社(除外) 4社   持分法(新規)-社(除外)-社

2.平成18年3月期第3四半期財務・業績の概況(平成17年4月1日~平成17年12月31日)

(1)経営成績(連結)の進捗状況

(注)金額は百万円未満を切り捨て

  売上高 営業利益 経常利益 四半期(当期)純利益
(百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%) (百万円) (%)
18年3月期
第3四半期
793,016 △0.7 66,045 29.4 64,328 46.3 13,948 △15.3
17年3月期
第3四半期
798,507 42.5 51,047 19.8 43,961 27.8 16,473 △13.0
(参考)
17年3月期
1,067,447 24.1 67,577 17.5 53,617 24.2 7,524 △40.0
  1株当たり四半期(当期)純利益 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益
(円) (銭) (円) (銭)
18年3月期
第3四半期
26 27 26 26
17年3月期
第3四半期
31 02
(参考)
17年3月期
14 11
(注)
売上高、営業利益等におけるパーセント表示は、対前年同四半期及び対前期の増減率を示しております。なお前年同四半期及び前期の増減率においては比較期の上半期は統合前の数値となっております。
また、前年同期(前期)の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。

(2)財政状態(連結)の変動状況

  総資産
(百万円)
株主資本
(百万円)
株主資本比率
(%)
1株当たり株主資本
(円 銭)
18年3月期第3四半期 990,316 361,841 36.5 681.59
17年3月期第3四半期 984,163 346,133 35.2 651.88
(参考)
17年3月期
955,542 339,729 35.6 639.80
(連結キャッシュ・フローの状況)
  営業活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
投資活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
財務活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
現金及び現金同等物
四半期末(期末)残高
(百万円)
18年3月期第3四半期 48,479 △38,703 3,170 73,680
17年3月期第3四半期 26,757 △34,329 △6,693 70,766
(参考)
17年3月期
55,680 △49,343 △31,614 59,485

3.平成18年3月期の連結業績予想(平成17年4月1日~平成18年3月31日)

  売上高
(百万円)
経常利益
(百万円)
当期純利益
(百万円)
通 期 1,050,000 60,000 △47,000

(参考)1株当たり予想当期純利益(通期):△88円53銭

上記業績予想は、本資料の発表日現在における将来に関する前提・見通し・計画に基づく予想であり、リスクや不確定要素を含んだものです。実際の業績は当社を取り巻く経済情勢、市場の動向、為替レートの変動など様々な重要な要素により、これら業績予想とは大きく異なる可能性があります。

ページトップへ戻る