コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2015年(平成27年)3月期 第1四半期 株主通信

コニカミノルタグループは、新中期経営計画TRANSFORM2016を掲げ、変化する経営環境の中で、お客様本位で業容転換を図り、持続的成長と企業価値の向上に取り組みます。目指すべき姿に合わせて、事業分野を5つに分け、それぞれの分野でジャンルトップ戦略を展開しています。

2013年度売上高構成:情報機器事業77%(オフィスサービス分野60%、商業産業印刷分野17%)、ヘルスケア事業9%、産業用材料・機器事業12%(産業用光学システム分野6%、機能材料分野6%)、その他事業2%

1. 情報機器事業

複合機(MFP)などの機器、ITサービスを提供する「オフィスサービス分野」とデジタル印刷機、各種印刷サービス及び産業用インクジェットからなる「商業・産業印刷分野」で構成されています。

オフィスサービス分野、商業・産業印刷分野

ジャンルトップ

A3カラー複合機で海外トップクラスのシェア※CY2013外部データをもとに当社推定、台数ベース(「bizhub(ビズハブ)C554 e」シリーズ)、カラーデジタル印刷システムで世界トップクラスのシェア※CY2013外部データをもとに当社推定、台数ベース(「bizhub PRESS C8000」製品の内部イメージ図)

2. ヘルスケア事業

最先端の画像処理技術を活かした画像診断システムの製造・販売や保守およびサービス事業を展開しています。

ジャンルトップ

カセッテ型DR国内市場でトップクラスのシェア※施設数基準による外部資料からの当社推定、2013年9月時点(「Aero DR」)

3. 産業用材料・機器事業

計測機器や産業・プロ用レンズ等からなる「産業用光学システム分野」と液晶ディスプレイに使用されるTACフィルム、成長分野である有機EL照明や機能性フィルムなどを展開する「機能材料事業分野」で構成されています。

産業用光学システム分野

機能材料事業分野

ジャンルトップ

光ディスク用ピックアップレンズ、ディスプレイアナライザーでトップクラスのシェア(「ピックアップレンズ」「ディスプレイカラーアナライザ CA-310」)、視野角拡大用VA-TACフィルムで世界トップクラスのシェア※CY2013の外部データをもとに当社推定、面積ベース(「液晶偏光板用TACフィルム」)

ページトップへ戻る