コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2015年(平成27年)3月期 第1四半期 株主通信

2015年(平成27年)3月期 第1四半期累計期間のご報告にあたって

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 2015年3月期第1四半期の連結業績の概要をこのウェブサイトを通じてご高覧いただくにあたり、ご挨拶申し上げます。 当期間のグループ業績は、情報機器事業の販売拡大と産業用材料・機器事業の収益好転によって、売上増収、営業増益の決算となりました。

当第1四半期連結累計期間(2014年4月1日から同年6月30日までの3ヵ月)における当社グループの売上高は2,282億円(前年同期比4%増)、営業利益は116億円(同49%増)となりました。先進国経済の緩やかな回復基調が継続する中で、主力の情報機器事業ではプロダクションプリント機など主力製品が売上を伸ばし、産業用材料・機器事業でも計測機器やTACフィルムの販売が順調に推移しました。また、不採算事業からの撤退など前年に実施した構造改革効果も加わり、増収増益となりました。四半期純利益は56億円(同43%減)となりました。前年には経営体制再編に伴う繰延税金資産見直しに係る税効果92億円を計上していることから、前年同期比で税金費用が増加し一時的に減益となりましたが、第1四半期としては順調なスタートを切れたものと認識しております。

当社は、当年度を初年度とする3ヵ年の新中期経営計画「TRANSFORM 2016」を策定しました。本計画では、当社が経営環境の変化の中でグローバル競争に勝ち抜くため、お客様を知り尽くし、高い付加価値を提供できる企業へと転換することを目指しています。同時に、「株主還元重視」「ROE重視」の経営をすすめ、企業価値の向上に取り組んでまいります。その一環として、この度、100億円・1,000万株上限とする自社株式の取得を決定しました。また、昨年度に取得しました2,000万株の消却も併せて実施いたします。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2014年8月 コニカミノルタ株式会社 代表執行役社長 山名昌衛

売上高:前年同期比 4%増、営業利益:前年同期比 49%増、当期純利益:前年同期比 43%減

ページトップへ戻る