コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2014年(平成26年)3月期 第3四半期 株主通信

1. 株式関連

自己株式の取得について

当期間におけるフリーキャッシュ・フローの見通しを踏まえ、さらなる株主還元の強化と、資本効率の向上・機動的な資本政策の遂行を図るために、2014年1月30日開催の取締役会におきまして、200億円・2,000万株を上限とする自己株式の取得に関する事項を決議しました。
当社では、業績及び成長分野に対する戦略投資の推進等を勘案しつつ、これからも株主の皆様への継続的な利益還元に取り組んでいきます。

自己株式取得の概要
対象株式 普通株式
取得総数 2,000万株を上限とする
【発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合3.8%】
取得総額 200億円を上限とする
取得期間 2014年1月31日~4月30日

2. CSR関連

「エコプロダクツ2013」に出展しました

2013年12月12日~14日にビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2013」に出展しました。
当社グループでは、One Konica Minoltaとして、環境活動においても目標を共有し、一丸となって活動していることを、長期環境ビジョン「エコビジョン2050」の紹介、環境配慮型製品の展示、そして様々なリユース・リサイクル活動等を通じてご紹介しました。
会期中は、小学生からビジネスパーソンまでおよそ17万人の幅広い層が会場に詰めかけ、多くの方々に当社グループの環境への取り組みと技術力の高さをアピールすることができました。

当社ブースの様子の画像
当社ブースの様子

地球温暖化防止活動が、各所から表彰・認定をいただきました

当社グループの地球温暖化防止活動が、各所から表彰・認定をいただいています。
環境省からは、事業ごとの生産戦略に沿った活動により環境負荷低減とコストダウンを推進する独自の「グリーンファクトリー認定制度」 に対し、「平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞いたしました。
また、CDPからは、気候変動リスクの緩和に対する活動とその情報開示活動に対し、最も優れた企業として、CDPジャパン500における「気候変動パフォーマンス先進企業:CPLI (12社)」、「気候変動情報開示先進企業:CDLI (24社)」に選定されました。審査対象の日本企業500社中、両方へ選定された企業は8社となり、精密機器業界では当社が単独の選定となりました。

企業や都市の環境情報を測定、開示、管理し、共有するためのグローバルなシステムを提供する国際的な非営利団体

3. その他

全日本実業団対抗駅伝で2連覇を達成(8度目の優勝)

2014年1月1日に行われた「第58回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)」において、昨年に続きコニカミノルタ陸上競技部が優勝し、2連覇を達成しました。
レースは駅伝最高峰の大会とされることもあり拮抗した戦いを繰り広げる中で、今年も若手・ベテランの活躍により、2位に1分24秒の大差をつけてのゴールとなりました。沿道やテレビの前で応援いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
1970年の創部以来、同大会において8度の優勝を達成しています。来年は当社として2度目となる3連覇の達成を目標としています。引き続き皆様のご支援をお願い申し上げます。

トップでゴールする菊地選手の画像
トップでゴールする菊地選手

ページトップへ戻る