コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2013年(平成25年)3月期 第2四半期 株主通信

情報機器事業 産業用材料・機器事業 ヘルスケア事業 情報機器事業 産業用材料・機器事業 ヘルスケア事業

情報機器事業

円高影響を強く受けましたが、第2四半期の収益は第1四半期から大幅に回復しました。

オフィス分野では、A3カラー複合機(MFP)の「bizhub(ビズハブ)」シリーズにて5機種を新たに発売した結果、カラー機は日米欧他の全ての地域で前年同期を上回りました。モノクロ機も前年同期を上回るなど、当期間のA3MFPは堅調に推移しました。また、欧州の大手製薬メーカーからグローバルOPS(お客様に最適なプリント環境を提供するサービス)契約を受託するなどグローバルレベルでの大口顧客向け販売も着実に積み上げ、お客様の数を拡大しました。

プロダクションプリント分野では、カラー機は景気後退懸念などマクロ環境や市場での競合環境が厳しくなる中、当期間後半での販売強化などにより前年同期を上回る販売台数を確保しました。モノクロ機は「bizhub PRESS(ビズハブプレス)1250」など新製品2機種を発売するなど競争力を高め、販売台数は前年同期を上回りました。

当事業では、デジタル機器およびソリューションサービスの販売拡大と将来の業容転換をにらみながら、積極的にM&Aを行っています。オフィス分野では、ITサービスプロバイダーであるSerians S.A.S(本社:フランス)などを、プロダクションプリント分野では、プリントショップ国内最大手であるフェデックスキンコーズ・ジャパン株式会社(本社:東京)を買収しました。

これらの結果、当事業の外部売上高は円高による影響をカバーし、概ね前年並みの2,649億円、営業利益は130億円となりました。

売上高 営業利益

産業用材料・機器事業

液晶偏光板用TACフィルムやデジタル一眼用交換レンズ、色計測器などの主力製品が当期間を通して好調に推移しました。

ディスプレイ材料分野では、VA-TACフィルムならびに通常のTACフィルムはともに当期間を通して好調に推移し、TACフィルム全体の販売数量は前年同期を上回りました。

メモリー分野では、HDD用ガラス基板は、当期間前半は回復傾向を示しましたが、後半は調整影響を受けて出荷が急速に落ち込んだため、販売数量は前年同期を下回りました。光ディスク用ピックアップレンズは、DVD用の販売は安定して推移しましたが、ブルーレイディスク用は低調な状況が続いたため、販売数量は前年並みにとどまりました。

画像入出力コンポーネント分野では、カメラ付携帯電話用カメラユニットが当期間後半にやや伸び悩んだものの、デジタル一眼レフ用交換レンズなどが堅調に推移し、販売数量は前年同期を上回りました。

計測機器分野では、家電・機器メーカーでスマートフォンなどのディスプレイやLED照明の品質管理に使われる光源色計測機器が大口受注を獲得し、販売数量は前年同期を上回りました。

これらの結果、当事業の外部売上高は794億円、営業利益は156億円となりました。

売上高 営業利益

ヘルスケア事業

医療用デジタル入力機器の販売が好調に推移しました。

当事業は、カセッテ型DR(デジタルラジオグラフィー)「AeroDR(エアロディーアール)」や回診車向けDRなどハイエンド製品の販売が大きく伸長し、医療用デジタル入力機器の販売台数は前年同期を上回りました。フィルム製品は、新興国など海外での販売は拡大しましたが、国内では販売減が続きました。

これらの結果、当事業の外部売上高は338億円となりました。営業利益は、前年同期の3億円の損失から黒字転換し、11億円となりました。

売上高 営業利益

ページトップへ戻る