コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2013年(平成25年)3月期 第1四半期 株主通信

2013年(平成25年)3月期 第1四半期のご報告にあたって

 

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
2013年3月期第1四半期の連結業績の概要をこのウェブサイトを通じてご高覧いただくにあたり、ご挨拶申し上げます。

当第1四半期連結累計期間(2012年4月1日から同年6月30日までの3ヵ月)における当社グループの売上高は1,893億円、営業利益は63億円、四半期純利益は1億円となりました。当期間は、とりわけユーロに対する為替レートが前年同期に比べて15円近い円高となったため、売上高では79億円、営業利益では41億円の為替換算によるマイナス影響を受けましたが、前年同期比で増収増益を確保することができました。社内計画に対しても若干上回るペースで進捗しており、第1四半期としては順調なスタートを切れたものと認識しております。

事業別に概観しますと、情報機器事業では、オフィス分野、プロダクションプリント分野とも当期間の販売台数は前年同期を上回る水準となりました。産業用材料・機器事業では、液晶偏光板用TACフィルムが前年同様の好調さを維持したほか、HDD用ガラス基板やレンズユニットの販売も総じて上向きました。また、デジタル一眼レフ用交換レンズや光源色用計測機器など高付加価値製品も順調に推移しました。ヘルスケア事業では、デジタルX線画像診断システムの販売台数が前年同期を上回りました。本年4月に、機能性フィルム系の新規事業や新商品の育成と光学系事業の収益力強化を目的に、新しいセグメントとして「産業用材料・機器事業」のもとでグループ内関連組織を再編しましたが、当期間においては、その成果が早くも顕在化し、同事業の増収増益がグループ収益を強く牽引しました。

欧州の債務問題など国内外における経営環境は未だ予断を許さない状況が続きますが、当期業績目標の達成に向けて、グループ一丸となって引き続き諸施策の取り組みを着実に進めてまいります。株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

2012年9月
コニカミノルタホールディングス株式会社
代表執行役社長
松﨑 正年

ページトップへ戻る