コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2011年(平成23年)3月期 第3四半期 株主通信

セグメント別業績

 

【情報機器事業 ・ 9ヶ月累計】                                                <2010年4月1日〜 2010年12月31日>

採算性の高いMFP新製品の販売好調により、増収増益

売上高3,963億円、営業利益259億円

オフィス分野 国内外の主要市場では、09年度より発売した「bizhub(ビズハブ)」シリーズがカラー機中心に好調に推移しました。新興国市場でも、モノクロ機の専用モデルを投入したことにより、販売台数が伸長しました。 また、OPS(Optimized Print services)のグローバル展開を進めると共に、ITサービスの強化を図るため、2010年11月にオランダのGetronics社と提携、更に2010年12月には米国のAll Covered社を買収しました。
プロダクションプリント分野 新シリーズ「bizhub PRESS(ビズハブプレス)C8000/C7000/C6000」のカラー3機種をラインアップに加えて、デジタル商業印刷市場の本格開拓に着手しました。

 

【情報機器事業 ・ 3ヶ月】                                                    <2010年10月1日〜 2010年12月31日>

新製品の販売を伸ばしきれず、減益

売上高1,302億円、営業利益63億円

オフィス分野 MFP販売台数はカラー・モノクロ共に前年同期を上回りましたが、採算性の高い新製品の販売を十分に伸ばしきれず、為替換算や価格変動等による影響を吸収するに至りませんでした。
プロダクションプリント分野 カラー機は前年同期を上回りましたが、モノクロ機が低調となり、全体では前年並みの水準に留まりました。

 

※ 億円未満を切り捨てて表示しております。

 

 

【オプト事業 ・ 9ヶ月累計】                                                     <2010年4月1日〜 2010年12月31日>

顧客先での生産調整影響を受け、主要製品が伸び悩む

売上高994億円、営業利益100億円

ディスプレイ部材分野 VA-TACフィルム(視野角拡大フィルム)は前年同期を下回る状況が続きましたが、薄膜タイプ・超広幅のTACフィルムが伸長し、全体の販売数量は前年並みの水準を維持しました。
メモリー分野 光ピックアップレンズ、ガラス製ハードディスク基板ともに販売数量は前年同期を上回りましたが、10年夏からのデジタル家電全般にわたる生産調整影響を受け、当初期待していた水準には到達しませんでした。
画像入出力コンポーネント分野 デジタルカメラやビデオカメラ向けレンズユニットの販売数量は前年同期を上回りましたが、カメラ付携帯電話向けは大きく減少しました。

 

【オプト事業 ・ 3ヶ月】                                                          <2010年10月1日〜 2010年12月31日>

生産調整の影響が長引き、TACフィルム以外は低調な推移となる

売上高302億円、営業利益20億円

ディスプレイ部材分野 VA-TACフィルム新製品の出荷も開始され、10月を底に回復基調となりました。
メモリー分野、
画像入出力コンポーネント分野
デジタル家電全般における生産調整局面が長引き、総じて低調に推移しました。

 

※ 億円未満を切り捨てて表示しております。

 

 

【ヘルスケア事業 ・ 9ヶ月累計】                                             <2010年4月1日〜 2010年12月31日>

フィルムレス化の進行により減収減益

売上高625億円、営業利益5億円

主力のデジタルX線画像診断領域において、小型CR「REGIUS(レジウス)MODEL 110」をはじめとしたデジタル機器の販売台数は前年同期を上回りましたが、フィルム製品の販売が減少、また為替の円高影響も受けました。

 

【ヘルスケア事業 ・ 3ヶ月】                                                  <2010年10月1日〜 2010年12月31日>

デジタル機器の販売が伸長

売上高175億円、営業利益0億円

フィルム製品の販売減少が続く一方、デジタル機器の販売台数は伸長し、営業利益は黒字となりました。 なお、前年同四半期の営業損失には、情報機器事業に編入された印刷部門の営業損失が含まれております。

 

※ 億円未満を切り捨てて表示しております。

 

ページトップへ戻る