コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2011年(平成23年)3月期 第3四半期 株主通信

2011年(平成23年)3月期 第3四半期のご報告にあたって

 

株主の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
2011年3月期第3四半期の連結業績の概要をこのウェブサイトを通じてご高覧いただくにあたり、ご挨拶申し上げます。

当第3四半期連結累計期間(2010年4月1日から同年12月31日までの9ヶ月)における当社グループの業績は、売上高は5,752億円、営業利益は282億円、四半期純利益は107億円となりました。当期間はUSドル、ユーロともに期初から大幅な円高基調が続く中で為替換算の影響を強く受けたため、売上高は前年同期比で減収となりましたが、営業利益、四半期純利益では増益の決算となりました。事業別に概観しますと、情報機器事業ではこの円高影響を最も強く受けましたが、オフィス用MFP(デジタル複合機)の新製品が牽引して前年同期を上回る販売台数となり、増収増益となりました。オプト事業では10年夏から始まった顧客先における生産調整の影響が長引き、TACフィルム(液晶偏光板用保護フィルム)やガラス製ハードディスク基板、ブルーレイディスク用光ピックアップレンズ等の主力製品の販売が全般に伸び悩み、前年同期並みの売上・利益に留まりました。また、ヘルスケア事業では円高影響に加えてフィルム製品の販売減少により減収減益となりました。
一方、直近3ヵ月の業績を示す当第3四半期連結会計期間(2010年10月1日から同年12月31日まで)における当社グループの業績は、売上高1,834億円、営業利益56億円、四半期純利益21億円となり、前年同四半期比で減収減益となりました。需要変動に伴う販売数量の伸び悩み、販売品種構成の変化や為替の円高影響等を受け、上半期まで順調に進捗してきた当社グループ収益の回復ピッチが事業全般にわたって鈍化しました。

このような状況を踏まえ、足元における販売動向や価格変動の影響など前回予想(2010年10月)からの事業環境の変化に鑑み、通期業績予想を修正することといたしました。売上高につきましては前回予想から200億円減額し7,800億円に、営業利益・経常利益につきましては50億円減額し、それぞれ450億円、380億円に見直しました。当期純利益につきましては、写真関連の事業整理損失引当金の戻入等の特別利益が見込まれることから前回予想の200億円を据え置きました。

当社グループを取り巻く環境は予断を許さない状況にありますが、ここに見直した業績目標の達成に向けて各事業領域において現在進めております諸施策をスピードあげて着実に実行してまいる所存です。株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

2011年2月

コニカミノルタホールディングス株式会社
代表執行役社長
松﨑 正年

ページトップへ戻る