コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

2011年(平成23年)3月期 第3四半期 株主通信

業績の概況 (9ヶ月累計)                                                   <2010年4月1日〜 2010年12月31日>

情報機器事業のMFP新製品販売拡大により、増益を達成

売上高5752億円、営業利益282億円

情報機器事業では、当期間を通して円高の影響を強く受けましたが、採算性の高いオフィス用MFP(デジタル複合機)新製品の好調な販売により、前年同期比で増収増益となりました。一方、オプト事業では、2010年夏から始まった顧客先における生産調整の影響が長引いた結果、主要製品の販売が全般的に伸び悩み、前年並みの売上高に留まりました。またヘルスケア事業は、フィルム製品の販売減少や円高の影響により減収減益となりました。

 

経常利益222億円、四半期純利益107億円

経常利益:営業外損益において円高に伴う為替差損の計上等により59億円の費用超過となり、経常利益は222億円となりました。
四半期純利益:特別損益では、米国CTP(印刷用プレート)事業の売却に伴う事業構造改善費用や有価証券評価損の計上等により60億円の損失超過となり、税金等調整前四半期純利益は前年同期比△7.4%の162億円、四半期純利益は107億円となりました。

 

※ 億円未満を切り捨てて表示しております。

 

 

業績の概況 (3ヶ月)                                                          <2010年10月1日〜 2010年12月31日>

情報機器事業、オプト事業共に伸び悩み減収減益

売上高1,834億円、営業利益56億円、経常利益43億円、四半期純利益21億円

情報機器事業では、円高による為替換算の影響に加え、オフィス分野およびプロダクションプリント分野共に採算性の高い新製品の販売を十分に伸ばしきれず、減収減益となりました。またオプト事業では、需要変動の影響を受け主要製品の販売数量が総じて伸び悩み、減収減益となりました。ヘルスケア事業でも、フィルム製品の販売減少や円高影響を受け、減収となりました。

これらの結果、前年同四半期比較では減収減益の決算となりました。

 

※ 億円未満を切り捨てて表示しております。

ページトップへ戻る