KONICA MINOLTA

事業セグメントの変更について

close

2011年3月期より、計測機器事業を「その他事業」にくくり直し、今後事業セグメントとしては「情報機器事業」「オプト事業」「メディカル&グラフィック事業」の3事業の売上高および営業利益をセグメント開示します。

理由

計測機器事業については、2003年の旧コニカ・旧ミノルタの経営統合以来、統合前の開示セグメントをそのまま継承し独立した事業セグメントとして開示していました。その後の当事業の量的変化に鑑み、とりわけ事業収益ならびに資産において当事業がグループ全体の1%程度の構成比であることから、当社グループの連結業績開示の上では重要度が低いものと判断したためです。


2010年4月1日からのセグメント区分

セグメントの名称 主要製品
情報機器事業 MFP、プリンター、プロダクションプリンティング機 他
オプト事業 光学デバイス、電子材料 他
メディカル&グラフィック事業 医療、印刷用製品 他
その他 計測機器、産業用インクジェット 他