コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

コニカミノルタ 第1四半期 株主通信

平成20年3月期 第1四半期のご報告にあたって

株主の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平成20年3月期第1四半期(平成19年4月1日から同年6月30日まで)連結決算の概要をこのウェブサイトを通じてご報告いたします。

当社は、昨年5月に平成18年度から20年度までの3ヵ年の中期経営計画「FORWARD (フォワード) 08」を策定しました。本計画では『グループ総力をあげての成長を図り、新たな事業付加価値の増大を目指す』ことを最重要テーマとして掲げ、情報機器事業及びオプト事業を中心とした事業強化に取り組んでいます。

当第1四半期の売上高は前年同期比4.6%増収の2,524億円となりました。また、営業利益も前年同期比11%増益の247億円、四半期純利益は同52.9%増益の161億円となりました。
このように、「FORWARD 08」2年目となる平成19年度は順調なスタートを切ることができました。フォトイメージング事業の終了に伴い当期より同事業の売上はなくなりましたが、カラーMFP(デジタルカラー複合機)の販売が国内外で好調な情報機器事業が中心となって当社グループの売上と利益の成長を力強く牽引しました。事業別の状況につきましては、次ページ以降の営業概況の中で詳しくご説明しておりますので是非ご覧ください。

第2四半期以降の当社を取り巻く内外の経済環境の変化や競争環境も益々厳しくなることが予想されますが、「FORWARD 08」の諸施策をゆるぎなく遂行し、グループ総力をあげて当期業績目標の必達に向けて邁進する所存です。株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

敬具

平成19年8月
コニカミノルタホールディングス株式会社
代表執行役社長 太田 義勝

ページトップへ戻る