コニカミノルタについて

文字サイズ

Giving Shape to Ideas

コニカミノルタ 第3四半期事業報告書

平成17年3月期 第3四半期の事業報告にあたって

拝啓 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

投資家の皆様からお寄せいただいております暖かいご支援に心より感謝申し上げます。

さて、当101期第3四半期(平成16年4月1日から同年12月31日まで)の9ヶ月および当四半期(平成16年10月1日から同年12月31日)の3ヶ月の連結決算につきまして、その概要をこのウェブサイトを通じて報告いたします。経営統合2年目となる今年度は、販売拠点の再編や各地でのIT統合など統合関連作業をほぼ終了し、新人事制度の一本化も完了させ今年4月より施行することとなり、統合作業の最終段階に入っております。一方で、情報機器事業におきましては重合法トナーの新プラント、オプト事業では液晶ディスプレイ用TACフィルム工場の増設など、次の飛躍に向けての積極的投資を進めております。

直近3ヶ月の業績は、前年同期間と比較しますと情報機器が伸び悩みましたが、オプト、写真関連、医療の各事業分野が健闘し、前年をやや上回る営業利益を確保いたしました。事業分野別に見ますと、主力の情報機器事業では、カラーMFP(多機能複写機)は好調ながらモノクロ中高速機での競争激化、プリンタの新製品への切り替えの影響等で伸び悩みました。成長トレンドのオプト事業におきましては、液晶ディスプレイ用のTACフィルムが堅調に推移しました。抜本的な構造改革を進めているフォトイメージング事業では、フォト事業は需要縮小傾向の中で黒字を確保し、カメラ事業では平成16年11月に全世界で発売いたしましたボディ内蔵手ぶれ補正機能搭載のデジタル一眼レフカメラ「α(アルファ)-7 デジタル」の販売好調と構造改革の成果が着実に現れております。

当第4四半期におきましては、新製品を中心とした更なる販売拡大と経費削減を図り、グループをあげて年度目標達成に向けて鋭意取り組んでまいる所存です。

投資家の皆様には、前100期第3四半期よりウェブサイトを通じて四半期業績を報告いたしておりますが、早一年が過ぎました。今後ともタイムリーな報告ができるよう努めてまいりますのでなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

敬具

平成17年2月
コニカミノルタホールディングス株式会社
代表執行役社長 岩居 文雄

ページトップへ戻る