KONICA MINOLTA

決算短信の変則集計について

close

当社はコニカ株式会社とミノルタ株式会社の経営統合により8月5日に発足した会社ですが、決算については連結財務諸表原則に則り、連結決算上は9月末に統合したものとみなして報告しております。従って、中間決算においては、貸借対照表(B/S)は統合会社(旧コニカ+旧ミノルタ)として、損益計算書(P/L)およびキャッシュフロー計算書は旧コニカ、旧ミノルタそれぞれ別々に報告いたしました。第3四半期以降は、統合会社として報告いたしておりますが、 9ヶ月累計・年度末決算数値・予想値については、中間決算時の数値が継承されるため、売上高・各段階利益などのP/Lにかかわる数値には旧ミノルタの上期分が含まれておりません。
当社の実体を正しく表すため、第3四半期以降の決算短信には旧ミノルタ分を含めて計算したものを参考値として掲載しております。
また、平成16年3月期第1四半期におきましては、比較対照となる前年同期の数値には旧ミノルタ分を含めた合算値を掲載しております。

解説図